_20210220_191758
モハメッド・ハラビ (イスラエル)
【 1957 ~      】



モハメッド・ハラビは、1989年10月18日から翌日の19日にかけてイスラエル・テルアビブのヤッファ地区で7人を殺害した。

殺害された7人は、女性5人、男性2人で、ユダヤ人4人とアラブ人3人であった。

ハラビは犠牲者をナイロンロープで首を絞めた。

遺体は同年10月20日にハラビのアパートで発見された。

ハラビは逮捕されテルアビブの警察署に連れて行かれた時、記者団の前で

「私は彼らを殺しました!彼らの中には協力者もいれば売春婦もいました!」

と叫んだ。

裁判でハラビは自分がイスラエル人との協力者ではない事を証明する為に7人を殺害したと主張した。


1990年1月24日、殺人で終身刑と殺人未遂で懲役40年が言い渡された。



《殺人数》
7人

《犯行期間》
1989年10月18日~19日



∽ 総評 ∽

『The Tel Aviv Strangler (テルアビブの絞殺魔) 』と呼ばれ、7人を殺害したハラビ。

顔写真を含む詳細が少なく、よくわからない人物だが、動機も「イスラエル人の協力者でない事を証明したい」というものであった。

よくわからない動機だが、所詮異常者なので動機なんでそんなものだろう。

ただ、銃乱射とかではなく、絞殺という手段で2日間で7人を殺害するというハイペースは恐ろしい限りである。