_20200615_191421
パトリック・シュローダー (アメリカ)
【 1977 ~      】



2006年4月14日、アメリカ・ネブラスカ州ポーニー郡ポーニーシティで、パトリック・シュローダーは農民のケネス・アルバース (75歳♂) を殺害する。

その後、アルバースの遺体を井戸に捨てた。

アルバース殺害後、1週間経たずにシュローダーは逮捕された。

シュローダーは数年前、殺害したアルバースの農場で働いていた事がわかった。

アルバースが殺害される前日、シュローダーは小切手を盗み、同年4月11日に1350ドル (約15万円) を偽造していた。

シュローダーには妻と娘、3人の継子がおり、お金に困っていた為、小切手を盗んで偽造し、アルバースから盗もうと考えたと述べた。

シュローダーはアルバースに金品を要求し、黒の警棒でアルバースを殴った。

それからアルバースを寝室へ導き、数千ドルの現金を受け取った。

その後、アルバースを機械小屋に連れて行き、そこでナイトスティックで4、5回殴り殺害した。

裁判でシュローダーは終身刑を言い渡された。

また、武器の使用や偽造など他の罪で30年から60年の不定期刑を追加された。

判決を言い渡す前に裁判官は、
「あなたの人生のほとんどは終了しました」
とシュローダーに述べた。

本来、シュローダーには死刑判決が下されてもおかしくなかったが、そもそも検察が死刑を求刑しなかった為、死刑にならなかった。


2017年4月15日、ネブラスカ州テカムセにあるテカムセ州立刑務所で、シュローダーはセルメイトのテリー・ベリー (22歳) の首を絞めて殺害した。

テカムセ州立刑務所は慢性的な囚人の過密状態が続いており、その為、シュローダーは独房を与えられる事はなかった。

ベリーが独房からシュローダーと同じ部屋になってわずか5日後にシュローダーに攻撃されたのだった。


2018年、ベリー殺害で有罪判決となり、シュローダーには死刑が言い渡された。


最後にベリー殺害理由を問われた際のシュローダーの発言で終わりたいと思います。

「あいつはうるさい。お喋りが過ぎる為殺した」



《殺人数》
2人

《犯行期間》
2006年4月14日、2017年4月15日



∽ 総評 ∽

シュローダーの前半生については詳細がなくわからない。

ただ、結婚して子供がいたのはわかっており、お金に困っての犯行であった。

終身刑となった後に同じ部屋の囚人を殺害し死刑となったシュローダー。

殺されたベリーがどのような罪で服役していたのかわからないが、シュローダーと同じ部屋になるくらいなので相当な罪であったのは間違いないだろう。

終身刑という遺族にとって最悪な判決を犯罪者を殺害して死刑になるというこれ以上ない最高の結末といえよう。

後はちゃっちゃとシュローダーを執行してくれるだけである。