_20200115_094622
ジョニー・アバロス (アメリカ)
【 1986 ~      】



ジョニー・ジョー・アバロスは、1986年12月1日に生まれ、アメリカ・テキサス州サンアントニオで人生の大半を過ごした。

また、アバロスは結婚歴はなかった。


2012年10月、アバロスはヴァネッサ・ロペス (25歳♀) を殺害した。


2014年12月18日、ウェスト・サイドのアパッチ・クリークにある橋の下でナタリー・チャベス (15歳♀) の裸の遺体が発見される。

チャベスは強姦されており、首を絞められて殺害されていた。


2015年1月、アバロスはローズマリー・ペレス (28歳♀) を殺害する。


同年3月、エイボンデールの路地でジュヌビエーブ・ラミレス (46歳♀) が横たわっていた所を発見される。

ラミレスは生きており、すぐに病院に搬送されるが、同年4月3日に怪我がもとで死亡した。


同年4月12日、セリア・アン・ロペス (29歳♀) が行方不明となったと家族から警察に連絡が入る。

捜索の末、3日後の15日に空き地でロペスの分解された遺体が発見された。

ロペスの遺体は裸であったが、部分的に服を着ていた。


同年4月、アバロスは逮捕された。

逮捕されたアバロスはこれまでの5件の殺人を認めた。

アバロスは殺人を行う前にテロやいたずら行為、薬物所持等の犯罪記録がある事がわかった。


2016年11月29日、アバロスは殺人罪で起訴された。

検察官はアバロスの精神状態が著しく低下しているとして死刑を追求しない事に決定した。


2019年2月19日、アバロスには仮釈放の可能性がない2つの終身刑が言い渡された。


最後に警察の尋問について述べたアバロスの発言で終わりたいと思います。

「私は街をうろつき犠牲者の首を絞め死体を犯した」



《殺人数》
5人

《犯行期間》
2012年10月~2015年4月12日



∽ 総評 ∽

5人の女性を殺害したアバロス。

アバロスは犯罪歴とほぼサンアントニオで過ごしたという情報だけはあるが、どのような家庭環境で育ったのかよくわからない。

強姦したとはっきりと明記されていたのは1人だけだったが、おそらく全員に対して強姦していたと思われる。

また、最後の発言では死体を犯したと言っているので、死姦も行っていたのは間違いないだろう。

食人や死姦を行う犯罪者は、犯罪者の中でもかなり異常であり、これが容易に出来てしまう時点で生かしておく意味はない。

アバロスはサンアントニオで犯行に及んだが、サンアントニオは全米有数の大都市 (全米7位) な割りにアバロスのような連続殺人犯は少なかった。

有名なのは1977年~1982年の間に少なくとも11人 (一説には60人) の乳幼児を殺害したジニーン・ジョーンズだが、アバロスはそれ以来とされている。

ただ、こんな鬼畜も終身刑という一生税金で養う刑に処された。

テキサス州は死刑があり、しかも、1976年に死刑が復活して以降、これまで最多の執行数を誇る州である。

そんなテキサス州で何故終身刑となったのか不思議でしかない。