_20200112_230803
スレイマン・アクタス (トルコ)
【 ? ~      】



スレイマン・アクタスは、トルコ・デニズリ県ボズクルトで生まれた (生年月日は不詳) 。

アクタスはデニズリ県にある電気会社で働いていた。

ある時、アクタスは配電線の作業中に高電圧によって重傷を負ってしまう。


1986年、事故後、アクタスはアンタルヤの警察長官ヌーリー・ケスキンを殺害する。

アクタスは逮捕され、裁判によって精神障害と診断される。

アクタスはマニサにある精神病院に収容された。

4年半入院した後、退院したアクタスは地元ボズクルトに戻った。

その後、アクタスは1994年まで隣人のアイシェ (65歳♀) とイスマイル・ギュネシ (66歳♂) 夫妻とルキエ (77歳♀) とラマザン・コジャテペ (78歳♂) 夫妻の高齢者夫妻4人を殺害した。

アクタスは犠牲者の目と頭に釘を打って殺害した。

逮捕されたアクタスは『The Nailing Killer (釘打ち殺人者) 』と呼ばれた。

アクタスを診断すると偏執性統合失調症と診断され入院する事となった。

アクタスは病院から脱走するが、すぐに拘束され再び病院に収容された。


2007年、アクタスの様子が12年振りに番組で紹介された。


2008年5月28日、病棟のルームメイトで子供殺しで入院していたオメル・ユルマズを襲い、病院の運動場にあった岩で頭部を殴って負傷させた。

ユルマズは州立病院で手術を受け一命を取り留めた。

また、アイハン・カルタル (今後掲載予定) という連続殺人犯もアクタスと同じ病棟にいたが、カルタルはアクタスを恐れていたという。


最後に逮捕後に述べたアクタスの発言で終わりたいと思います。

「彼らは釘を耐える事が出来ない。私は人々の頭の中に釘打ちしたい」



《殺人数》
5人

《犯行期間》
1986年~1994年



∽ 総評 ∽

『The Nailing Killer』と呼ばれ、5人を殺害したアクタス。

アクタスはどのような家庭環境にあったかわからず、これ程の異常者になった理由がわからない。

ただ、高電圧によって負傷した後、犯行に及んでいる事から事故がもしかしたら何らかの影響を及ぼしたのかもしれない。

アクタスは殺人犯を襲って負傷させ、別の殺人犯にはその存在を恐れさせた。

同種の人間が恐れる程なのでよっぽど異常だったのだろう。

アクタスはいくら調べても生年月日がわからなかった。

1986年に30歳だったとした場合、現在60半ばである。

アクタスが今どのような生活を送っているのかわからないが、こんな鬼畜を外に出しては決していけないので、一生入院させ続けて欲しい (もうすでに出て来ているかもしれないが) 。