_20191126_084418
アントン・コスタ (アメリカ)
【 1944 ~ 1974 



アントン・チャールズ・ ″トニー″ ・コスタは、1944年8月2日、アメリカ・マサチューセッツ州ケンブリッジで生まれた。

父親は第二次世界大戦に参加した軍人で、コスタがまだ生まれて間もない赤ん坊の時に戦死した。

7歳の時にはコスタの精神状態は不安定となっており、母親に夜な夜な見知らぬ男性が部屋に入って来ると述べ、父親の写真から唸り声が聞こえてくると話すようにもなっていた。


1961年11月、コスタはマサチューセッツ州サマーヴィルで、アパートに侵入し眠っている10代の少女を襲った。

しかし、少女が目を覚まし叫んだ為、コスタは逃げた。

3日後、コスタは再び少女のアパートへ行き、少女を見掛けるとアパートの階段から引きずり下ろそうとした。

だが、隣人によって少女は助けられ、コスタは逮捕された。


1962年1月4日、コスタは強盗と暴行で有罪となり、1年の執行猶予付きの判決となり釈放された。


1963年4月、コスタは結婚し3人の子供が生まれるが、次第に薬物に溺れていく。


1966年6月、コスタはヒッピーの少女、ボニー・ウィリアムズ (♀) とダイアン・フェデロフ (♀) の2人を家に連れ帰り、後にカリフォルニア州ヘイワードへ連れて行った。

その後、2人の少女は行方不明となり、遺体も発見されなかった。

この2人の少女がコスタによる初めての犠牲者とされている。


1967年8月、マサチューセッツ州プロビンスタウン近くでコスタは知人の女性を矢で撃った。

これは事故として処理され、コスタは女性に謝罪した。


結婚生活が悪化したコスタは、1968年1月にカリフォルニア州サンフランシスコに住んだ。

そこでバーバラ・スポールディング (♀) というガールフレンドが出来る。

しかし、コスタがマサチューセッツ州に戻ろうとした日からスポールディングは行方不明となり、2度と姿が見られる事はなかった。

警察はコスタがスポールディングを殺害したのは間違いないとしたが、証拠がなく逮捕する事が出来なかった。


マサチューセッツ州の自宅に戻ったコスタは、同年5月17日、医師のオフィスに強盗に押し入り、薬物や様々な手術器具等5000ドル (約180万円) 相当を盗んだ。


同年5月24日、シドニー・モンソン (18歳♀) がブロビンスタウンの自宅から姿を消した。

同年6月14日にモンソンが疾走したと警察に報告が入る。


そして、同年8月までにコスタは離婚するが、すぐにスーザン・ペリー (♀) という恋人が出来る。

だが、1週間程経った同年9月10日にペリーは姿を消してしまう。


同年9月中旬、コスタは運転免許停止中に運転したとして逮捕され、同年11月8日まで拘留された後、釈放された。


同年11月23日、ニューヨークでクリスティー・ギャラント (♀) の遺体が発見される。

ギャラントはバルビツール酸系 (鎮静薬) の過剰摂取後に浴槽に入れられた事による溺死である事がわかった。


1969年1月24日、パトリシア・H・ウォルシュ (♀) とメアリー・アン・ウィソッキー (♀) が、プロビンスタウンを訪れた後、姿を消してしまう。


同年2月7日、オールド・トルロ墓地で8つに切断されたペリーの遺体が発見された。


同年3月4日、ウォルシュ、ウィソッキー、モンソンのバラバラ遺体が同じ場所で発見される。

ウォルシュとウィソッキーは頭を撃たれており、3人全員が心臓を取り除かれていた。

また、遺体には人間の歯の跡があり、検死の結果殺害後に噛まれた事がわかった。

捜査官はウォルシュとウィソッキーがブロビンスタウンでコスタと会っていたという情報を掴んだ。


同年3月6日、コスタは逮捕された。

ウォルシュらの遺体が発見された場所が、コスタの私有地の庭であり、庭にはマリファナや麻薬の栽培が行われていた。

コスタの尋問を行うが、供述を何度も変え、ポリグラフ検査も何度も失敗した。


同年3月31日、精神医学的検査の結果、コスタは統合失調症と診断された。


同年6月、別の2人の精神科医がコスタを診断し「性的に危険なサディスト」と診断した。


1970年5月6日、コスタは確実な4件の殺人で有罪判決となり、同年5月29日、終身刑が言い渡された。

判決後、コスタはアントン・ラヴェイの悪魔の聖書のコピーや悪魔の儀式や魔法、オカルトに関する書籍を集めるようになる。


1974年5月12日、独房で革のベルトで首を吊って自殺した。

享年29歳。



《殺人数》
8人

《犯行期間》
1966年~1969年1月24日



∽ 総評 ∽

『The Cape Cod Vampire (ケープコッドの吸血鬼) 』と呼ばれ、8人の女性を殺害したとされるコスタ。

コスタは幼い時にすでに精神が不安定であったが、その影響からか17歳で少女に襲い掛かるというものであった。

コスタは4件の殺人で有罪判決となったが、他の4件に関しては遺体すら発見されておらず、コスタの犯行という確実な証拠はない。

ただ、あらゆる状況がコスタを犯人と語っており、間違いないと思われる。

コスタは最後自殺したが、仮に死刑判決だった場合、アメリカは1972年に違法として一旦死刑が廃止された。

そう考えると死刑だったとしても終身刑になった可能性が高く、自殺してくれたのは本当に良かったと思う。