_20191106_170554
ティモシー・ハンフリー (アメリカ)
【 1966 ~      】



_20191106_164503
アシュリー・ハンフリー (アメリカ)
【 1982 ~      】



ティモシー・アルヴィン・ハンフリー (1966年11月15日生) は、サンドラ・リー・ロッゾ (♀) と2001年11月、アメリカ・フロリダ州のナイトクラブで出会った。

そこでティモシーはドアマンとして働き、サンドラはバーテンダーであった。

ティモシーとロッゾは交際を始めるが、ティモシーには自動車窃盗、誘拐、暴行等の犯罪歴があった。

2002年2月、ティモシーはロッゾを殴り、強姦した罪で逮捕された。


アシュリー・クリスティン・ハンフリー (旧姓レイニー、1982年10月13日生) は、2002年にフロリダ州の地元のジムでティモシーと出会った。

その後、ティモシーとアシュリーは2003年7月4日、結婚した。

しかし、ティモシーはロッゾに対する犯罪の裁判が1ヶ月後の8月4日に控えていた。


結婚した翌日の5日、ロッゾが地元のバーから家に戻ると、何者かに射殺された。

警察は裁判中で元ボーイフレンドのティモシーを容疑者だと考える。

だが、調査するとアパートでピザを注文していたアリバイがある事がわかり、それは友人によって確認された。

しかし、妻アシュリーは家にいなかった事が判明する。


同年12月18日、アシュリーはロッゾ殺害で逮捕された。

ティモシーは銃の不法所持で逮捕された。

アシュリーは司法取引に応じ、ロッゾを射殺した事を認めたが、ティモシーに言われてやったと述べた。

また、犯行の詳細を語ると共に、実はロッゾ殺害はもっと前に1度計画され、失敗して未遂に終わっていた事がわかった。

アシュリーは司法取引により第二級殺人で有罪となり、ティモシーは第一級殺人で起訴された。


2004年4月、裁判前にティモシーは脱走を試みるが失敗に終わった。


2006年2月、ティモシーの裁判が始まり、アシュリーは法廷で証言した。

アシュリーはロッゾが仕事を終えるまで数時間待ち、ロッゾを8発撃ったと述べた。

しかし、ティモシーは殺人はアシュリーの考えだと反論した。

だが、陪審員はティモシーの発言を信じなかった。


同年2月25日、ティモシーは仮釈放の可能性がない終身刑が言い渡された。

また、脱走の罪により更に15年が追加された。


同年3月10日、アシュリーは懲役25年が言い渡された。

アシュリーが釈放されるのは2028年12月11日の予定であり、その時アシュリーは46歳になっている。



《殺人数》
1人

《犯行期間》
2003年7月5日



∽ 総評 ∽

結婚した翌日に夫の元ガールフレンドを射殺したアシュリー。

殺害さ1ヶ月後にロッゾの裁判が控えていたからだと思われる。

アシュリーは司法取引に応じ、指示はティモシーによるものだと主張したが、ティモシーはアシュリーの考えだと述べた。

陪審員もティモシーの指示だと判断したが、おそらくそうであろう。

複数で犯行に及ぶ場合、裁判で互いに罪を擦り付け合うという醜態を晒す事が多いが、この2人も例に漏れずそうであった。

ただ、2人がどのように出会ったのか詳細がなくわからない。

おそらくティモシーがロッゾに暴行を加え、別れた後にアシュリーと出会い結婚に至ったのだと思われる。

アシュリーは司法取引により懲役25年となり、何の問題もなければ2028年に46歳で釈放されてしまう。

まだ、十分若く、再び犯罪を犯す可能性があり、恐ろしい限りである。