_20190731_191611
ウィリアム・ギブソン (アメリカ)
【 1957 ~      】



ウィリアム・クライド・ギブソンは、1957年10月10日、アメリカ・インディアナ州で生まれた。


2002年10月10日、アメリカ・フロリダ州ポート・オレンジに住むカレン・スー・ホデラ (44歳♀) の遺体が、オハイオ川近くのクラークヴィルで見つかった。


2012年4月19日、クリスティーン・ウィティス (75歳♀) が殺害される。

そして、ウィティス殺害で逮捕されたのがギブソンであった。

実はウィティスはギブソンの母親の親友であった。

その後、ギブソンはホデラ殺害を認め、また、2012年3月27日にステファニー・カーク (35歳) という女性を殺害した事も告白した。

カークは行方不明となっており、捜索願が出されていた。

告白を受けてギブソンの裏庭を調べると、カークの遺体が発見される。

検視を行うとカークは強姦されていた事が判明した。

ウィティス殺害だが、実はギブソンの母親が死亡し、母親の死で落ち込んでいると思い慰めにギブソンに会いに行った所を殺害された。

しかも、ギブソンはウィティスを強姦していた。

裁判が始まると、ギブソンの精神状態が問題となった。

ギブソンは1991年に事故により頭部を損傷し、以降、人格が変わったと述べた。

また、ギブソンはアルコール依存症と双極性障害の過去があった。


2013年11月26日、ギブソンには死刑が言い渡された。


2014年4月17日、懲役65年が追加された。


同年8月15日、更に死刑が言い渡された。


2018年2月、イギリスでドキュメンタリー番組が放映された。

その番組ではインディアナ州の死刑囚数人が紹介されたが、ギブソンはその1人であった。


最後に死刑判決を言い渡された際のギブソンの発言で終わりたいと思います。

「私が手に入れたものに値する。大した事ではない」



《殺人数》
3人

《犯行期間》
2002年10月10日~2012年3月27日



∽ 総評 ∽

母親の親友が慰めに訪れてくれた所を強姦し殺害したギブソン。

良かれと思って訪ねて来た相手にこの行為というのは鬼畜という他ない。

ただ、元々ウィンティスの事を知っていて強姦したかったのかただ単に気まぐれだったのかわからない。

最初の犯行から次の犯行まで10年の間隔があり、何故それほどの間隔が空いたのか詳細がなくわからない。

おそらく、別件で捕まり10年ほど刑務所に入っていたのではないかと思われる。

ギブソンは最初の犯行の時にはすでに45歳になっており、それまでどのような人生を送ってきたのかわからない。

これ程の犯行を行う鬼畜が大人しくしていたとは到底思えない。

おそらくもっと余罪はあるだろう。

あまり詳細のない人物だが、その犯行は冷淡で陰湿、とても救いようがない。