_20190711_083719
オリオン・クラウス (アメリカ)
【 1995 ~      】



2017年9月8日、オリオン・クラウスは、アメリカ・マサチューセッツ州グロトンにある祖父母の家で、母親のエリザベス・バフィー・クラウス (60歳♀) 、エリザベスの両親であるエリザベス・エス・ラッキー (85歳♀) 、フランク・ダン・ラッキー (89歳♂) 、在宅医療補助者のバーサ・メイ・パーカー (68歳♀) をバットで殴り撲殺する。

殺害後、クラウスは隣人の家を訪れ、

「彼らには助けが必要だ。私にも助けが必要だ。私は4人を殺害した」

と話した。

すぐに警察に通報し、クラウスは逮捕された。

警察が犯行現場を調べると、母親と祖父母はキッチンの椅子に座ったままの姿で発見され、パーカーの遺体は花壇で見つかった。

また、クラウスは犯行前に元大学教授に連絡し、

「私は私の母を殺さなければならない」

と言っていた事がわかった。

事件が世間の知る所となると、グロトンの住民は衝撃を受けた。

グロトンは小さな町であり、20年以上殺人事件など起きてなかったからだった。

グロトンのエレア・ケムラー牧師は、
「私たちのコミュニティに暴力がやってきたという現実に直面している。4人が死亡し、その内2人は高齢者であり (パーカーも68歳なので高齢者と呼べるが) 、彼らは愛されていた。私たちは事件を理解出来ない」
と述べた。

クラウスは4件の殺人で起訴された。

裁判所はクラウスの精神鑑定を命じ、当初は正常とされ裁判に耐えうるとされた。

その為、仮に4件の殺人で有罪判決となった場合、クラウスには仮釈放の可能性がない4つの終身刑が言い渡される事になる予定であった。


2019年3月、弁護士がクラウスを精神病だと断定し「病気がこの悲劇の完全な説明となる」と述べ、再び精神鑑定を行う事を主張した。

クラウスの裁判は同年4月22日を予定していたが、精神鑑定の結果が出ない為、裁判は延期となった。


最後に捜査官に殺害理由を問われた際のクラウスの返事で終わりたいと思います。

「彼らを解放した」



《殺人数》
4人

《犯行期間》
2017年9月8日



∽ 総評 ∽

突如、母親と祖父母らを殺害したクラウス。

これまで似たような事件をいくつか紹介してきたが、家族に対する恨みや自暴自棄、ただの異常など理由は様々である。

ただ、このクラウスの犯行は詳細がない事もあり特によくわからない

クラウスは殺害理由を問われると「彼らを解放した」と述べたが、何から解放したつもりなのか、何故解放する必要があったのか全然わからない。

また、こういった犯行を犯す犯人は、物盗りの犯行に見せたり犯人を仕立て上げたりするものだが、クラウスは自ら殺害した事を通報している。

動機がよくわらかず、発言などから精神病ではないかとされた。

家族との関係性も不明で、父親はいたのか、いたとしたら父親は何故、殺されなかったのか、色々わからない事だらけである。