_20190709_222140
アンジェリーナ・ハムリック (アメリカ)
【 1987 ~      】



_20190709_222123
マイケル・クラーク (アメリカ)
【 1986 ~      】



2019年6月30日、アメリカ・オハイオ州バタビアで、911に連絡が入る。

テイト・タウンシップのコーナー・ポイント・イザベラ・ロードの溝に、男性が倒れているというものだった。

通報者は
「男性が溝に横たわっている。誰かが彼を隠そうとしたようだ。犯人は男だと思う」
と話した。

すぐに警察官が現場に駆けつけ、男性の遺体を回収する。

遺体はジェイソン・ハムリック (43歳♂) という現役空軍の兵士であった。

ジェイソンは獣医として空軍で働いていた。

ジェイソンは遺体が発見されたすぐ近くに住んでいた。

死因は頭部を撃たれた事によるもので、至近距離から撃たれていた事がわかった。


警察は捜査を進め、2019年7月6日、ジェイソン殺害で逮捕されたのは、元妻のアンジェリーナ・ウラジミロヴナ・ハムリックと、そのボーイフレンド、マイケル・アンドリュー・クラークであった。

2人はジェイソン殺害を計画し、実行に移したのだが、遺体が発見される2日前の28日に、アンジェリーナが自宅でジェイソンを射殺し、クラークに連絡した。

そして、クラークが遺体を運び、溝に投げ捨てた。

実はクラークも現役の空軍の兵士で、技術軍曹であり、ジェイソンとは同僚であった。

アンジェリーナとジェイソンは2018年1月に協議の末、離婚していたが、3人の子供の親権については争いを続けていた。

その争いは泥沼の様相を呈し、2019年2月に裁判の末、ようやく決着した。

親権はジェイソンのものとなり、アンジェリーナが親権を失った事で犯行に及んだと推測された。

ただ、アンジェリーナはジェイソンと離婚の話をしていた時からクラークと不倫しており、離婚原因もアンジェリーナの不倫とされた。

また、クラークは犯行時、結婚しており、2児の父親であった。

クラークは以前、オハイオ州クレルモン郡に住んでいたが、犯行時はテキサス州アビリーンに住んでいた。

ジェイソンは約15年間、空軍に所属したベテランで、かつてカンザス州ウィチタに配属されていた。

アンジェリーナの弁護士は、
「彼女はシートベルト違反以外のあらゆる
犯歴がない
と主張し、保釈金の設定金額について裁判所に寛大さを求めた。

しかし、裁判官は両被告に対し、保釈金を100万ドル (約1億1000万円) に設定した。

アンジェリーナは

「ジェイソンを殺す為に彼 (クラーク) と何度も話し合った」

と述べたが、クラークは

「自分の発言を彼女は誤解した」

と主張し、クラークは遺体を捨てたの事実だが、殺すつもりはなく犯行について共謀していないと一部罪を否認した。


最後に元夫を射殺後、クラークに掛けたアンジェリーナの電話の内容で終わりたいと思います。

「彼を殺した」



《殺人数》
1人

《犯行期間》
2019年6月28日



∽  総評 ∽

ボーイフレンドと結託し、元夫を殺害したアンジェリーナとクラーク。

不倫や不貞については古今東西どこでも起きており、それについてとやかく言うつもりはない。

ただ、それが原因で離婚し、挙げ句の果てには元夫を殺害したとなると、とても許される事ではない。

動機についてはまだ起こったばかりの事件なので正確にはわからないが、親権に破れた事だとされている。

だが、個人的にはそうではないと思う。

もちろん、犯行理由の1つではあるのかもしれないが、個人的には1番の要因は怨恨ではないかと思う。

おそらくアンジェリーナは普段から元夫に対して高圧的で尊大な態度をとっており、そんな元夫に離婚を要求され、親権も奪われた事に怒りが頂点に達したのではないかと思う。

本格的な裁判はまだ始まっておらず、これから行われる予定であり、犯行の詳細が明らかになっていくものと思われる。