_20190704_223450
クリス・ネロムズ (アメリカ)
【 1971 ~      】



クリス・ネロムズ (1971年8月14日生) は、アメリカ・オハイオ州デイトンにあるダンバー高校に通い、そこで陸上選手として活躍した。

ネロムズは200mや400m、110mハードルの選手として数々の大会に参加する。

中でも110mハードルは13.30秒という当時の高校記録を打ち立てる程であった。


1988年、陸上競技世界ジュニア選手権で、リレーで金メダルを獲得した。


1989年、全米ジュニア陸上競技選手権で4×100mリレーで金メダルを獲得し、3連覇を達成した。

また、4×400mリレーにも参加し、表彰台に立った。


1990年、国際陸上競技連盟世界ジュニア選手権の歴史の中で、最も多くのタイトルを獲得した。


しかし、1992年8月、デイトンの公園をランニングしていた所、背中から撃たれる。

銃弾は肺に穴を開け、鎖骨が骨折し、動脈を傷つけた。

重傷を負ったものの、その後、順調に回復し、選手としても復活した。

結局、撃った犯人は捕まる事はなかった。


1992年と1993年に、全米大学体育協会室内陸上競技選手権大会で、ネロムズは200mのタイトルを獲得した。


1993年、全米大学体育協会屋外競技選手権で、200mと4×400mでタイトルを獲得し、4×100mで銅メダルに輝いた。

これらの活躍で、ネロムズはオリンピック代表選手候補となる。


翌月の大会では200mで銀メダルを獲得した。


1994年、アメリカ室内陸上競技選手権の200mで優勝し、国際大会で初めてタイトルを獲得した。


1996年1月、ネロムズはトロットウッドで、2人の10代の少年に暴行を加え逮捕された。


同年9月、有罪判決が下された後、懲役90日が言い渡された。


1998年6月、8歳から12歳までの少女10人に対する強姦の罪で逮捕される。


1999年1月8日、7件の強姦で有罪判決が下され、同年2月12日、ネロムズには最低40年は仮釈放の可能性がない4つの終身刑が言い渡された。


ネロムズは判決を不服として控訴するが2001年に控訴は棄却された。


2006年、ネロムズはインタビューに答え、自分は無実だと主張している。



《被害者数》
10人以上

《犯行期間》
1996年~1998年



∽ 総評 ∽

陸上選手として活躍していた裏で少女を強姦していたネロムズ。

スポーツ選手だろうが俳優だろうが歌手だろうが異常者は異常者なのでどうという事はないが、それなりの優秀な選手が犯罪者だったというのは当然、インパクトは強い。

ネロムズは元々異常者だったのかもしれないが、1996年の少年への暴行以前はおそらく犯罪は行っていなかったと思われる。

ここからは想像でしかないが、撃たれた事がネロムズの人格を完全に変化させたと思われる。

ネロムズはそこら辺の中途半端な才能ではなく、アメリカの陸上のオリンピック選手候補になる程の実力であった。

もし、オリンピックに出ていたらメダルを取れた可能性も高く、非常に残念でならない。