_20190623_202742
ジェームズ・マコーミック (イギリス)
【 1955 ~      】



ジェームズ・マコーミックは、イギリス・リヴァプールで生まれた。


1980年代、マコーミックは電子機器業界で働いた。

その後、マコーミックはセキュリティ・コミュニケーションズ社 (ATSC) を創設する。


1993年、マコーミックはゴルフボール探知機という玩具が高度な電子機器に見える点に着目する。

そして、ボール探知機を「クアドロ・トラッカー」と改名して改良し、麻薬や酒、武器を探知出来ると大々的に宣伝して売り込んだ。

巧みな宣伝によりクアドロ・トラッカーは全国の警察や学校、テキサス州の学校などで販売された。

だが、このクアドロ・トラッカーには麻薬等を探知出来る性能など皆無であり、ただの「玩具」であった。


2006年、爆弾探知という新機能が追加され「ADE651」という名称で販売された (もちろんそんな機能はない) 。

ちょうどこの頃、イラクではフセイン政権が打倒され、新政府による統治が始まるが、抵抗勢力による内乱が続き、テロ行為が頻発していた。

特に車に爆弾を積んだテロが多かった。

2007年だけでも442個もの爆弾がイラク国内で爆発し、約2万4000人が死亡していた。

そこで、目をつけたのが「ADE651」であった。

まず、レバノンが「ADE651」を1個1万4000ドル (約160万円) で85個 (約1億3000万円) 購入する。


2007年にはイラクが「ADE651」を5000個も購入し、すぐに首都バグダッド市内1500ヶ所の検問所に配られ使用された。

マコーミックはバレない為に精密機器なので分解を禁じた。


2009年12月、バグダッドで1日で5台の車両爆弾が発生すると (死者127人) 、探知機の性能が疑われる。

そして、アメリカ軍の調査によって爆弾探知の性能など全くない事が判明する。

マコーミックは逮捕されるが、その際、捜査官の前に座り、穏やかな様子で探知機の性能について説明した。


2013年4月23日、マコーミックは3件の詐欺罪で有罪判決が下され、10年の禁錮刑が言い渡された。


2016年、マコーミックは794万4834ポンド (約12億円) の返済を命じられる。

しかし、全ての資産を売っても約180万ポンド足りず、その支払いを拒絶した為、更に842日の禁錮刑が追加された。


最後に「探知機は本物だと思いますか?」という記者の質問に対するマコーミックの返答で終わりたいと思います。

「もちろんだ」



《犯行期間》
1993年~2009年12月



∽ 総評 ∽

何の機能も備わっていない商品をさも性能があるかのように偽り大量に売り捌いたマコーミック。

マコーミックの詐欺行為は商品を細工するという単純なものであったが、容易に相手を信じさせ騙す事が出来た。

人間の思い込みをついた方法だといえるが、爆弾を感知するという特殊な事がすぐにバレなかった事が不思議でならない。

例えば日本のように爆弾事件がそう起こらない国ならばなかなか発覚しないのは理解できる。

だが、年間何百という爆弾テロ事件が起こっている国で、すぐに「あれ?何かおかしいぞこれ」とならないものだろうか。

何が恐ろしいかというと、これが3、40年以上前とかではなく10年も経っていない近年に行われたという事実だ。