_20190406_080013
コロニアル・パークウェイ殺人事件 (アメリカ)
【 1986 ~ 1989 】



1986年10月20日、アメリカ海軍士官学校を1981年に卒業したキャスリーン・マリアン・トーマス (27歳♀) とウィリアム・アンド・メアリー大学出身のレベッカ・アン・ダウスキー (21歳♀) が、バージニア州ウィリアムズバーグのコロニアル・パークウェイ沿いに停車していた1980年製のホンダ・シビックの車内で遺体となって発見される。

2人の遺体を剖検すると、首が絞められ喉を切られていた。

また、ディーゼル燃料が2人の体と車体に大量に注がれていたが、火は点けられていなかった (ただ首や手首は焼けていた) 。

2人は同性愛カップルであり、財布やお金は車内で見つかり盗られていなかった。

2人共に服は着たままであり、強姦されていなかった。

その為、犯行は強盗でも強姦でもなく、ただの殺人であった。

後に、トーマスの指の間に犯人の髪の毛の塊が見つかり、犯人と戦った可能性が示唆された。


1987年9月22日、デイビッド・リー・ノーブリング (20歳♂) とロビン・M・エドワーズ (14歳♀) の遺体が、バージニア州アイルオブワイト郡のラグドアイランド野生生物保護区で発見される。

2人は3日前の19日から行方不明となっており、ノーブリングの黒いピックアップトラックがジェームズ・リバー・ブリッジにある駐車場で見つかった。

その後、捜査により発見されたのだが、2人は交際していた。


1988年4月10日、バージニア州にあるクリストファー・ニューポート大学の学生カサンドラ・リー・ヘイリー (18歳♀) とリチャード・キース・コール (20歳♂) カップルがパーティーに参加した後、行方不明となる。

翌日の11日、コールの1982年製赤いトヨタ・セリカがコロニアル・パークウェイにあるヨーク川で見つかったが、車の中に2人の姿はなかった。

結局、2人は行方不明のままであり、すでに死んでいるとされている。


1989年10月19日、バージニア州ニューケント郡で、アンナマリア・フェルプス (18歳♀) とダニエル・ラウア (21歳♂) カップルの遺体が発見される。

2人は森の中で地元のハンターによって発見されたのだが、2人は同年9月5日から行方不明となっていた。

2人の遺体はナイフで激しく傷付けられていた。

警察は一連の事件は同一犯によるものだと考え捜査を進めていたが、犯人逮捕には至らなかった。

そして、事件は『Colonial Parkway Murders』と呼ばれるようになる。


2007年、ヘイリーとコールの失踪についてテレビ番組で取り上げられ、これにより『Colonial Parkway Murders』の事件について改めて捜査が行われる事となった。


また、2008年にはドキュメンタリー番組が、2013年にもテレビ番組で紹介された。


2011年8月31日、警察はフレッド・アトウェルという62歳の男性を逮捕する。

アトウェルは女性に対する強盗の罪で逮捕されたのだが、警察はアトウェルを『Colonial Parkway Murders』の犯人ではないかと考える。

アトウェルは逮捕された際、山の中で生活している社会脱落者で、お金がなくお腹が減った為、強盗を行ったのだった。



《殺人数》
8人

《犯行期間》
1986年10月20日~1989年9月5日



∽ 総評 ∽

カップルばかりを襲撃した未解決事件。

カップルばかり狙う未解決事件といえば他に有名な『ファントム・キラー』がいる。

だが、この事件は『ファントム・キラー』とは違い目撃者や生存者がいない為、どのような相手なのか全くわからない。

未解決事件はこれまでいくつも紹介してきたが、1年未満に行われる事がほとんどであり、この事件のように3年に渡ってというのは比較的珍しい。

犯行は1つ以外、主に1年おきで起こっており、まるで思い出したかのように行われた。

カップルを狙うというのは人数が多くなる分、リスクも高く普通の連続殺人としてはまず行わない。

カップルを狙う殺人鬼は、パートナーに振られた事による腹いせや自分が異性と縁がない事への嫉妬や逆恨み、片方を拘束しその目の前で残酷に殺す事による支配欲や絶望的状況に嘆くパートナーを見て興奮したりと様々な理由が上げられる。

ただ、どんな理由にせよ屈折した異常な感情によるものだろう。

アトウェルという男性が真犯人として浮上したが、その後の詳細がない所をみるとおそらく違うと思われる。