_20190402_123405
蘇 紅 (スー・ホン 中国)
【 ? ~ 2012 】



2010年4月26日と29日、中国黒竜江省寧安市西海町の住民、劉秀運 (リィゥ・シゥユン) と劉秀斌 (リィゥ・シゥビン) 兄弟が行方不明となる。

家族や友人に話を聞くが原因はわからなかった。

その後、様々な情報が警察当局に寄せられるが、地域周辺はパニックとなった。


同年5月19日、寧安市の警察は犯人を蘇紅という女性だと考え、家宅捜索を行う。

すると、2つの遺体が発見され、検視を行った所その遺体は劉兄弟である事が判明した。

蘇紅は劉兄弟殺害で逮捕されるが、殺害理由は劉兄弟への借金を返済したくないというものであった。

蘇は劉兄弟を2日の間にそれぞれ自宅に招いて殺害した。

警察は蘇に余罪があるとみて追及すると、2003年3月と2005年11月に殺人を行ったと自供した。

殺害したのは蘇の妹・蘇静 (スー・ジン) の夫・顔丙涛 (イェン・ビンタオ) と、弟の妻・李学英 (リー・シュエイン) であった (蘇自身は1994年に結婚している) 。

蘇の殺害方法は全員同じであり、睡眠薬を飲ませ拷問を行った後、最後は布で首を絞めて殺害するというものだった。


裁判で死刑を言い渡された蘇は、2012年2月10日朝、蘇の死刑が執行された。



《殺人数》
4人

《犯行期間》
2003年3月~2010年4月29日



∽ 総評 ∽

7年の間に4人を殺害した蘇紅。

蘇の犯行理由が詳細がなくよくわからない。

劉兄弟は借金絡みなのでわかるが、兄弟姉妹の妻や夫となると家族である。

保険金殺人なのかもしれないが、お金を受け取ったという形跡はない (ただ単に詳細がないだけかもしれないが) 。

2012年に死刑が執行されているが、蘇の年齢については調べてもわからなかった。

中国も近年は晩婚化が進み、女性の平均結婚年齢はおよそ29歳くらいといわれている。

中国の法律で女性が結婚できる年齢は20歳からで、1994年に結婚とあるので、この時、25歳としたら処刑の時は43歳となる。