_20190331_220548
ルートヴィヒ・トルモフ (ブルガリア)
【 1950 ~      】



_20190331_220959
イヴァン・セラフィモフ (ブルガリア)
【 1956 ~ 2000 】



ルートヴィヒ・スロモフ・トルモフは、1950年、イヴァン・セラフィモフ・イワノフは、1956年、それぞれブルガリア・プロヴディフ州ドゥバンリで生まれた。

トルモフとセラフィモフは子供の頃に出会い、以来、友人として付き合った。


だが、トルモフがペンカという女性と結婚し、3人の子供が産まれヒサールに引っ越すと両者は疎遠となる。

その後、トルモフはドイツに住み、次にナミビアに引っ越した。

その間、セラフィモフは常習的な犯罪者となっており、強盗で8度有罪判決を受け、計15年刑務所に入った。

刑務所にいる間、セラフィモフは他の囚人にスウィーツやお菓子について愛情を込めて話した為、「Sweet」というニックネームで呼ばれた。


セラフィモフが8度目の逮捕で刑務所に入った時、窃盗で刑務所に入っていたトルモフと再会する。

そして、2人は犯罪コンビとしてタッグを組む事となる。


2000年3月、セラフィモフが釈放されると、すでに釈放されていたトルモフと早速行動を起こす。


同年5月13日、ラシュディ・ウシノバ (19歳♀) とセビン・ミュミュン (20歳♂) のカップルは、ヴルビツァにあるディスコに車で向かった。

途中、道路脇に車を止め、車内で抱き合いキスをした。

すると、突然、暗闇からトルモフとセラフィモフが車を襲撃し、セビンとラシュディを車から引きずり出した。

セビンがラシュディを守ろうとするが、2人は激しく殴り、その後、顔面と背中を撃って射殺した。

この時、ラシュディはセビンが射殺された事は知らず、その為、セビンは気絶しただけで3、4時間もすれば目覚めるだろうと話した。

2人はラシュディの金のイヤリングや指輪を盗み、セビンの遺体からは電話やカセットプレーヤーを盗んだ。

その後、2人はラシュディの首や胸、腹部を合計8回刺し逃走した。

殺害したと思っていたラシュディは実は奇跡的に生きており、刺された後、しばらく意識がなかったが数時間後に覚醒すると、這って助けを求めた。

警察に保護された病院に運ばれたラシュディは、事件の事を話し、警察はセビンの遺体を発見する。

警察は犯人の似顔絵を作成した。


同年6月6日、2人は駐車場で停まっているミニバスを襲撃し、8265レフ (約50万円) 相当を盗んだ。

そして、運転手を脅してミニバスを盗んで逃走した。


同年6月11日、2人はヴルビツァ近くで女性タクシー運転手を殴り、金品を奪い、その後、ソフィアで男性を襲った。


同年7月2日、2人はミヒルチ近くで男女の乗る車を襲い、発砲して運転手の男性を這いつくばらせた。

しかし、男性は何とかその場から逃げ、ガソリンスタンドに助けを求めた。

トルモフはセラフィモフを見捨て逃走し、セラフィモフは車に乗り込み女性に服を脱ぐよう強要した。

そして、強姦しようするが上手くいかず、逃走した。


同年7月12日、2人はドイツ人観光客クリスチャン・ハーレム (♂) とハイジ・コロンボ (♀) の車を止める。

2人はまずハーレムを殺害し、途中、山で遺体を捨てるとコロンボをよってたかって強姦した。

そして、コロンボを生きたまま湿地に投げ捨て、コロンボは溺死した。

コロンボの遺体が発見された時、頭蓋骨や体の一部が飛散しており、それは野生動物によるものとされた。

警察はすぐにドイツ当局に連絡し、犠牲者の遺品を送った。

警察が捜査を進めている中、トルモフとセラフィモフの仲が悪くなり始めていた。


同年7月15日、2人はヒサリャに向かって運転している間、言い争い口論を始めた。

トルモフはセラフィモフに車を止めるよう促した。

そして、直後にトルモフは銃を取り出すとセラフィモフに向かって発砲し射殺した。

セラフィモフの遺体をトランクに積むと、車を溝に落とし、後に証拠隠滅の為に車を燃やした。


同年7月19日から20日にかけて、テレビ会社で働いていた男女が、セラフィモフの遺体を発見する。

そして、警察はトルモフの友人達を尋問し、これまでの犯行とトルモフが結び付けた。

その後、ヒサリャでトルモフは逮捕される。

逮捕された際、トルモフは抵抗する事なく大人しく逮捕された。

逮捕されたトルモフはラシュディへの強盗と強姦は認めたものの、それ以外の犯行は否定した。

しかし、DNAサンプルや殺害の際に使用された銃が自宅で発見された事によりトルモフの犯行は決定的となった。

ただ、犯行の主体はセラフィモフであった事は明らかになり、1996年にエレーナ・フィリポワ (♀) を殺害していた事が判明した。

トルモフを精神分析すると、自己中心的で利己的、後悔の念がなく誇示するのを好むとされた。


裁判でトルモフは犯行は全て自衛であり、その為、殺人罪を取り下げるべきだと述べた

それを法廷で聞いていたセビンの母親エンビーは激怒した。


2003年7月3日、トルモフには終身刑が言い渡された。

判決を言い渡された後、トルモフは

「私はいくつかの行為について申し訳ないが、私はセビンへの強盗、殺人に関しては責任がない。私は女性の強姦に参加した事は認めるが、セラフィモフにそうするよう指示されただけだ」

と述べた。


2011年8月11日、トルモフの息子スラヴィ (22歳) が首を吊って自殺する。

自殺した正確な理由はわからないが、父親が残忍な殺人者であるという事が原因ではないかとされた。


2014年、トルモフは刑務所内の衛生や換気、その他の問題について欧州司法裁判所に訴え、3000レフ (約20万円) から4000レフ (約25万円) の補償を受けた。

また、トルモフは自伝を書き始め、逮捕されるまでの人生の全ての出来事を記述した。

トルモフは自らの本は「終生の記録」と呼ばれるであろうと述べた。

だが、トルモフが本を書いている独房は、フラットスクリーンテレビ、コーヒーメーカー、ラジオ、扇風機、古いタイピングマシン等が配備されており、あまりに贅沢だと非難されている。



《殺人数》
5人 (他犯罪多数)

《犯行期間》
1996年~2000年7月15日



∽ 総評 ∽

『The Sour and The Sweet (酸味と甘味:酸味がトルモフで甘味がセラフィモフ) 』と呼ばれ、犯行後、トルモフはセラフィモフを殺害した。

犯罪コンビというのはこれまで何組も紹介してきたが、仲間に殺されるというのは珍しい。

犯行の様子から単純な仲間割れのように思えるが、もしかしたら口封じかもしれない。

2人は田舎の村で幼い時に知り合い、その後、一時疎遠になっていたが、刑務所で出会い意気投合した。

刑務所で意気投合するのはこういった犯罪者コンビにはよくある事だが、普通の生活を送っていたのがトルモフが何故、刑務所に入るに至ったのかわからない。

トルモフは刑務所内の状況を勝手に問題と騒ぎ、欧州司法に訴え補償を受け取った。

訴えれるトルモフもトルモフだが、それを容認する欧州司法も酷過ぎる。

また、自由に本を書かせ図に乗り、独房とは言い難い設備に非難が起こったが、当然である。

こんなのもはや刑務所とは言い難く、一生懸命働いて納めた税金がこんな事に使われていると考えると気が狂いそうになる。