_20190325_235328
カレン・ホワイト (イギリス)
【 1956 ~      】



カレン・ホワイト (出生名スティーブン・テレンス・ウッド) は、1966年7月に生まれ、マンチェスターでドラッグ・アーティスト (女装アーティスト) として過ごしていた。


2001年 (この時はクリストファー・ウッドと名乗っていた) 、小学生の幼い子供に対して猥褻行為で逮捕され、刑務所に18ヶ月間収監された。


2003年、ホワイトは妊娠2ヶ月の女性の飲み物にウォッカを混入して酔わせ、意識がなくなった所を強姦した。

再び刑務所に入ったホワイトは「デイビッド・トンプソン」と名前を変更した。


ホワイトは2016年には20代の女性を複数人強姦した。

その後、ホワイトは年配の男性をステーキナイフで数回刺し、逮捕される。

その際、ホワイトはブロンドヘアにメークアップし、女性物の服装で自身が女性だと主張する。

その主張は受け入れられ、性転換手術を受けていないにも拘わらず、ホワイトは女性刑務所に収監される事となった。


イギリスではトランスジェンダーの受刑者について、新しい政策を2017年1月に導入したばかりであった。

以前、イギリスではトランスジェンダーだと認められる為には医療上の診断が必要であった。

だが、男性刑務所でトランスジェンダーの受刑者2人が自殺するという事件があり、トランスジェンダーをしっかりと保護すべきだとという批判が起こっていた。

自殺した2人の受刑者は元々女性刑務所への収監を希望していた。

そういう事情があり新しい政策が出来たのだが、その為、ホワイトの要望が容易に通ったのだった。


2017年9月から女性刑務所に収監されたホワイトは、3ヶ月の間に2人の女性受刑者を強姦する。

その後、ホワイトは逮捕され、男性刑務所に収監された。


2018年10月11日、ホワイトは最低9年は仮釈放のない終身刑が言い渡された。

判決を言い渡したクリストファー・バッティ判事は、ホワイトを『predater (捕食者) 』と呼び、
「あなたは非常に操作的であり危険な存在だ。あなたは子供たち、女性たち、そして、一般大衆に深刻な危害を及ぼす」
と非難した。

ホワイトが名前やジェンダーを変えたのは、純粋にトランスジェンダーとしての理由ではなく、過去の犯罪を隠す為だった。

法務省はホワイトを女性刑務所に収容させた事は適切ではなかったと謝罪した。


ホワイトはウェスト・ヨークシャーの公営住宅に住み、この頃から「カレン・ホワイト」と名乗るようになった。

そして、トランスジェンダーとして扱われる事を望むようになった。

また、その頃から近隣住民に暴力や暴言を吐き始め、恐れられるようになった。

ホワイトと会った人によると、
「彼女に出会った時、まだ女性になる最初の段階だった。他人のアドバイスを聞こうとせず、自分の権利を振りかざし、女性として振る舞う努力をしないのに他人に自分を女性として扱うよう強制した。男性の名前で呼んだ場合、ヘイトクライム (憎悪犯罪) として報告した。妥協を許さなかったのでコミュニティに受け入られなかった。これまで多くのトランスジェンダーと会ってきたが、彼女ほど変わった人はいなかった。正直、関わり合いたくないと思った」
であったという。



《犯罪期間》
2001年~2017年12月



∽ 総評 ∽

自らをトランスジェンダーだと主張し、女性刑務所に収監された後に女性囚人2人を強姦したホワイト。

おそらく容易に認められたのは自殺の件があったからだろう。

だが、いかにそういった事情があったにせよ、性転換手術すら受けていなかったホワイトを女性刑務所に収容するのは安易な判断だと言わざるを得ない。

正直、これも犯罪者に激甘なヨーロッパ司法が招いた悲劇としか言い様がない。

犯罪者の主張をいちいち考慮するからこんな悲劇が生まれたのだ。

今回の被害者は犯罪者だが、これが一般市民だったと考えると、判事の言うとおり非常におぞましい。