_20190125_103530
ジーン・ハート (アメリカ)
【 1944 ~ 1979 】



1977年6月12日午後7時頃、アメリカ・オクラホマ州メイズ郡でキャンプをしていたロリ・リー・ファーマー (8歳♀) 、ドリス・デニス・ミルナー (10歳♀) 、ミシェル・ヘザー・グース (9歳♀) の3人は、キャンプ地で雷雨が発生した為、テントの中に入った。

少女たちはタルサ郊外のブロークンアローに住んでいた。

3人の少女が入っていたテントは、キャンプのカウンセラーのテントから最も遠い場所に位置していた。


翌日13日午前6時頃、カウンセラーがシャワーを浴びようと道を歩くと、ファーマー、ミルナー、グース3人の遺体を発見する。

3人の遺体は、彼女たちがいたテントから約150ヤード (約130m) 離れたシャワーへと続く道で見つかった。 

3人の検視を行うと、全員が殴られ強姦されている事がわかった。

また、死因は絞殺であった。

遺体の上には大きく赤い懐中電灯が見つかり、レンズ部分に指紋が発見された。

だが、その指紋を調べても誰とも一致しなかった。

テントの中には9.5インチ (約27.5cm) の靴の足跡が見つかった。

警察は大規模な捜査を始め、それは当時、オクラホマ州の歴史において最大のものであった。

そして、捜査の末、警察はジーン・リロイ・ハートという男性を主要な容疑者とした。

ハートはインディアンの友人により数ヶ月間匿われていたが、有力な情報提供者により、1年経たずにハートは逮捕された。

ハートは1966年6月にタルサにあるナイトクラブの駐車場で、妊娠中の若い2人の女性を誘拐し、森の中に連れ込むと強姦した。

更に肛門姦も行ったが、ハートは最終的に殺すつもりであった事がわかった。

ハートは逮捕され、誘拐と強姦により有罪判決が下された。

しかし、ハートは1973年にメイズ郡刑務所から脱獄していた。


1979年3月、裁判が始まり、地元の保安官も「彼が1000%犯人」と断言したが、ハートを犯人とする決定的な証拠はなかった。 

結局、陪審員はハートを無罪とした。


同年6月4日、ハートは刑務所の中にある運動場でウェイトリフティングとジョギングを行った1時間後、突然倒れそのまま死亡した。


2008年、枕カバーに付いていたしみが見つかり、DNA検査が行われた。


2017年、最新技術によるDNA検査を行う為、保安官らによって3万ドル (約300万円) が寄付された。



《殺人数》
3人

《犯行期間》
1977年6月12日



∽ 総評 ∽

キャンプに来ていたガールスカウトの少女3人を無惨に殺害したとされるハート。

ハートが犯人とされる確実な証拠はなく、その為、陪審員は無罪とした。

無罪となっているので何ともいえないが、ハートには過去に強姦等、凶悪な事件を起こしており、個人的にもかなり黒に近いと思う。

ただ、8歳から10歳までの3人の少女をわずか一夜にして強姦し殺害するというのはかなりの異常性といえる。

よくわからないが、無罪となったのに刑務所の運動場でジョギング等をした後に死んだという事だ。

無罪なので刑務所に入るわけがないが、もしかしたら脱獄した罪とその前の罪で服役したのかもしれない。