_20181215_220925
ジェフリー・ダーマー (アメリカ)
【1960 ~ 1994】



ダーマーは元FBIのロバート・K・レスラーと対談し、被害者の頭にドリルで穴を開け、生きたまま塩酸を流し込んだ件について、自分の言う事を聞くゾンビを作ろうとしたと話した。

裁判が始まると、ダーマーは起訴された17人の殺人について一旦認める。

そして、全ての殺人について犯行時、精神錯乱状態であったと主張した。

しかし、検事はダーマーは精神異常ではなく、責任能力があると述べた。

ダーマーの弁護士は
「彼は自己制御出来ない殺人機関車であり、科学的治療が必要だ」
と主張した。

6人の専門家が17時間に及ぶダーマーとの面接の結果、死体愛好であり異常性欲の持ち主だと結論付けた。


3週間に渡る審理が終わり、陪審は10対2でダーマーは犯行時正常だったと認めた。

傍聴席からは歓声が上がり、裁判長は被害者遺族たちの発言を認めた (これは非常に異例な事であった) 。

許可を得た遺族たちの罵倒や罵声、怒りや泣き叫ぶ声が入り交じり、法廷内は異様な雰囲気に包まれた。

ダーマーは証人の顔を見たくないという理由で眼鏡を外していたが、そんな罵声や罵倒に対して何も発せず無表情であった。


1992年2月17日、ダーマーは起訴された17件の内、15件で終身刑が言い渡された (懲役936年に相当) 。

判決後、ダーマーには発言を許可された。

「裁判長閣下、これで全てが終わりました。この裁判で私は無罪になろうとは1度も考えた事はありません。また、自由も望んでおりません。正直、私は死刑を望んでいました。これは私が憎悪を理由に犯行を犯したわけではない事を知ってもらう為の裁判でした。私は誰も憎んでいません。私は以前から自分は病気か悪魔のどちらかだと思っていました」

と述べた。


1994年11月28日、ダーマーは刑務所のシャワールームで、黒人の囚人クリストファー・スカーバーともうジェシー・アンダーソンの3人で清掃する職務に従事していたのだが、スカーバーがトレーニングルームから持ち出したベンチプレスでダーマーとアンダーソンに殴りかかった。

スカーバーは看守に取り押さえられ、ダーマーは病院に搬送されたが、死亡が確認された (アンダーソンも死亡した) 。

享年34歳。

ダーマーは逮捕前に映画館でよく観たのは『羊たちの沈黙』で、『羊たちの沈黙』は『エクソシスト』を超える素晴らしい作品だったと、監房でビデオテープの差し入れを弁護士によく頼んでいたという。

スカーヴァーは2人を殺すよう命令されたと述べ、後に有罪判決が下されている。



≡ ダーマーの発言の数々 ≡

「バラバラになった彼らこそが本当の仲間のように感じられた」

「体を捌いて内臓を取り出したり手足を分解するのも最初に比べてずっと早くなった。やっぱり練習あるのみだ」

「俺は前にもこんな事 (殺しと解体) は何度もやっているんだ。言う通りにしなければ殺す。こんな具合にな」

「フライにして野菜と一緒に香料をつけて食べると旨いんだ。レイシーの心臓なんかはポテトチップとバドワイザーで食べた。マスタードを付けたら絶品だった」

「お前はもうここから出られないぜ。それにお前が死ぬのももうそんな先の事じゃない。自分が一体何をされるのか聞いたらお前は驚くだろうなぁ。俺はお前が想像もしない事をする為にお前を連れてきたんだ」

「大人しくすればもっと良い写真を見せてやるぞ。それにお利口にしていればお前の裸を撮ってやろう。生きているうちに綺麗に撮ってやる」

「こんな感じに内臓を開けたらカッコいいじゃないか。睾丸を歯で砕いてやるからそこにドリルで穴を開けよう。絶対に最高の1枚になるに違いないぞ」

「あんたも1回食べてごらんよ。医者なんだからどこからでも手に入るだろう。1度試したら豚や牛なんか2度と食べられなくなるぜ」

「僕はアル中なんです。刑務所よりも病院に入れて下さい。当時も飲んでいたんです。飲むと感覚がおかしくなって妙な事にも夢中になってしまうのです」

「脳をロボトミー化する事で、俺自身のロボット、つまりゾンビが出来るんじゃないかと試してみたんだ。そしてらずっと一緒にいられるじゃないか」



《殺人数》
17人

《犯行期間》
1978年7月18日~1991年7月19日



∽ 総評 ∽

『The Milwaukee Cannibal (ミルウォーキーの食人鬼) 』または『The Milwaukee Monster (ミルウォーキーの怪物) 』等と呼ばれ、17人の男性を殺害し、屍姦後に解体。

人肉食を主食として生活し、アパートの一室の異常な様子等、その犯行のあまりのずば抜けた残虐さに1990年代の全米はおろか世界をも震撼させたダーマー。

ダーマーは私が中学生の時にリアルタイムで実際にニュースで見た殺人鬼であり、個人的に最も衝撃を受けた殺人鬼であった。

90年代に限っていうと、世界で最も衝撃的なシリアルキラーと断言しても文句はないだろう。

ダーマーの犯行に非常に酷似している殺人鬼としてイギリスのデニス・ニルセンがいる。

ニルセンも去っていく寂しさから殺して屍姦し、解体した。

また、犯行もダーマーと同じく1978年から始まり、殺害数も15人と近しい数であった。

ただ、ニルセンは人肉食はしておらず、残忍性や残虐性においてはダーマーには及ばない。

また、逮捕時の室内の凄惨な様子は、かのエド・ゲインを彷彿とさせ、まるで、漫画や映画の世界である (漫画や映画がダーマーらを真似たのだが) 。

ダーマーが異質なのは、人肉食を主食とし、他にほとんど食べ物を摂らなかった事だ。

人肉食を好む殺人鬼は多くいるが、ダーマーのようにそれ以外をほとんど食べないというのはまずいない。

通常、同種を食う「共食い」は、チンパンジーを含め多くの動物にみられる行為で珍しいという事はない。

だが、動物の共食いの場合は様々な要因が関係しており、人間のように快楽で行われる事はまずない。

ダーマーの犯行は途中、発覚するチャンスがあったが、警察の怠慢で見逃されてしまい、その事が後に問題となった。

ただ、これはアメリカではこれまでいくつも紹介してきている通り、よくある事で珍しいという事はない。

だが、そのせいで犠牲者が増えてしまった。

連続殺人犯は大概、その犯行の途中で1度は捕まえるチャンスや別件で捕まえてしっかりと裁く機会が必ずといってある。

「1度もバレる事なく気付いた時には何十人も殺していた」という事はほとんどない。

だが、今回のダーマーのように警察の怠慢や司法の堕落のせいで犠牲者が増加しており、ある意味それらが犯行をアシストしていると言っても過言ではない。

ダーマーは生きていても意味がないので死刑にしてくれと望んだが、結果、終身刑となった。

死刑を望むダーマーにとってむしろ終身刑が良かったのかもしれないが、個人的には殺されて良かったと思う (こんな異常者を生かしておくのは百害あって一利なしである) 。

ただ、もしかしたら生きていても仕方ないと思ったダーマーが殺してくれるようスカーヴァーに頼んだのかもしれない。



* 追伸 *

5日間渡ってダーマーを掲載しました。

今年は8月でブログを始めてから丸5年が経つ事になりますが、よく5年も続けてきたなと思います。

今年もよろしくお願い致します。