_20181212_151800
ジェフリー・ダーマー (アメリカ)
【1960 ~ 1994】



1988年1月16日、ダーマーは「クラブ219」近くのバス停に立っていた先住民の男娼の少年スティーブン・ドクスター (14歳) を見つけると、ヌードルモデルのアルバイト (50ドルで誘惑した) をしないかと話し掛ける。

そして、家に連れ込むと、睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、首を絞めて殺害した。

遺体は解体し、酸で肉を溶かした後、骨を砕いて細かくしてばら蒔いた。


同年3月24日、ダーマーは「フェニックス」というゲイバーで、気に入ったヒスパニック系のリチャード・ゲレロ (25歳♂) に声を掛け、家に連れ込み睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、首を絞めて殺害した。

そして、遺体を解体した。

だが、この頃には地下から漂う異臭が家に立ち込めており、同居の祖母が異臭に耐えられなくなっていた。

そこで、祖母はライオネルに電話し、地下室を調べさせた。

ライオネルは地下室に黒くなった血溜まりを見つけ、ダーマーを問い詰めた。

ダーマーは動物の死骸だと述べた。


ライオネルはダーマーに家を出て独立するよう促し、同年9月25日、ミルウォーキーの北24番街808番地にあるアパートに引っ越す。

しかし、引っ越して24時間も経たないうちに、ラオス人の少年ケイソン・シンサソンフォンを部屋に連れ込み、睡眠薬を飲ませ強姦した。

ケイソンは何とか逃げ、そのまま警察に駆け込んだ。

ダーマーはすぐに逮捕され、1週間拘置された後、保釈金を支払い釈放された。


1989年1月30日、ダーマーはラオス人少年に対する強姦の罪で有罪判決が下された。


判決が言い渡される前の同年3月25日、レストランの黒人マネージャー、アンソニー・シアーズ (24歳♂) とゲイバーで知り合い、自身のアパートではなく再び祖母の家に誘った。

そして、睡眠薬入りの飲み物を飲ますと、絞殺して解体し、ゴミ袋に詰めた。

自身の新しいアパートに連れ込まなかったのは、警察により監視されていると思い込んでいたからだった。

ダーマーはシアーズの頭蓋骨を記念に保管した。


同年5月23日、ダーマーは1年間の労役と5年間の保護観察処分となった。


1990年3月3日、仮釈放となった。

ダーマーは北25番街924番地にあるアパート「213号室」に部屋を借りた。


同年5月29日、ダーマーは刑務所から出所した直後のリッキー・ビークス (27歳♂) を殺害する。

ビークスを最後に見たのは囚人仲間のレイモンド・スミスであった。


同年6月14日、ダーマーはエディ・スミス (36歳♂) を殺害する。


同年9月2日、イリノイ州シカゴ出身のアーネスト・ミラー (22歳♂) が行方不明となる。

ミラーは
「食事を終えたらシカゴに帰る」
と電話で話したのが最後であった。


同年9月22日、ダーマーはデビッド・トーマス (23歳♂) を殺害する。


1991年3月7日、ダーマーはミルウォーキー出身のカーティス・ストロウター (18歳♂) を殺害する。

ダーマーはストロウターを生きたまま腹部を切り裂き、大腸を取り出し解体した。

その一部始終を写真やビデオテープに録画した。


同年4月7日、ミルウォーキー出身のエロール・リンゼイ (19歳♂) が行方不明となる。

リンゼイは一旦帰宅した後、失踪した。


同年5月24日、ウィスコンシン州マジソン出身のトニー・ヒューズ (31歳♂) が、ゲイのダンスクラブで目撃されたのを最後に行方不明となる。

ヒューズは耳が不自由であり、実は2年程前からダーマーとは知り合いだった。


同年5月27日早朝、以前、ダーマーに虐待されたケイソンの弟コネラク・シンサソンフォン (14歳) が、裸で徘徊しているのを2人の若い女性が見つける。

シンサソンフォンは肛門から出血しており、薬物の影響を受けている様子であった。

女性たちはすぐに911に連絡するが、ダーマーが駆けつけ女性たちを追い払いシンサソンフォンを連れ戻そうとした。

だが、女性たちがダーマーを止め、その間に2人の警官が到着した。

ダーマーは警官にシンサソンフォンは19歳のボーイフレンドであり、飲酒中に議論となったと話した。

女性は少年が言葉を話せないと主張したが、ダーマーは酔っているだけだと話し、警官たちはダーマーの言葉を信じた。

そして、ダーマーのアパートへ向かい、アパートから立ち込める異臭に気付く。

だが、警官たちはその臭いについて調査を怠ったばかりか、報告すらしなかった。

しかも、警官たちはシンサソンフォンの身元の確認はおろか、ダーマーの犯罪歴等についても確認しなかった。

結局、警官たちはダーマーとシンサソンフォンをそのまま解放し、ダーマーはシンサソンフォンの頭蓋骨に穴を開け、生きたまま塩酸を流し込んだ。

その後、殺害して解体し、食べた後に頭蓋骨を記念として保管した。


1991年6月6日、ダーマーはシカゴ出身のジェレミア・ウェインバーガー (23歳♂) にヌードモデルになってその後、ビデオを一緒に見てくれれば報酬を払うといって誘った。

その後、2日間一緒に過ごしたが、ウェインバーガーが帰りたそうにした為、殺害した。


同年6月30日、ダーマーはシカゴ出身のマット・ターナー (20歳♂) とシカゴにある同性愛者がよく集まる通りで知り合った。

ダーマーはお金を上げるからミルウォーキーのアパートで一緒にビデオを見ないかと持ち掛け、呼び寄せた。

ダーマーは睡眠薬で眠らせた後、殺害し、屍姦して解体した。


同年7月12日、ダーマーはシカゴ出身のトラック運転手オリバー・レイシー (23歳♂) を殺害した後、屍姦して解体した。


同年7月19日、ミルウォーキー出身のジョセフ・ブレイドホフト (25歳♂) は仕事を探している最中にダーマーと出会う。

これまで同様、ヌードモデルになれば報酬を支払うと言って誘い殺害した。


④に続く