_20181202_180326
ジョン・ボイヤー (アメリカ)
【 1957 ~      】



ジョン・ウェイン・ボイヤーは、アメリカ・ジョージア州オーガスタで生まれた。

ボイヤーの初期の人生についてはほとんど知られていなかった。

ノースカロライナ州ブランズウィック郡やニューハノーヴァー郡、そして、ノースカロライナ州ウィルミトンに住んだ。

ボイヤーはトラック運転手として働き始めた。

ボイヤーは短期で気性が激しく、1980年代には軽微な違反を繰り返した。


2000年4月、ボイヤーはトラック停留所でミシェル・ハッガドーン (34歳♀) を拾い、強姦してコードで首を絞めて殺害する。

ハッガドーンの遺体は約30マイル (約50km) 離れたサウスカロライナ州ダーリントン郡の州間高速道路の松の木の下で見つかった。

実は遺体が発見された時はハッガドーンとはわからず、判明するのは親戚のDNAサンプルと一致するまで約10年程かかった。


2004年、ボイヤーはノースカロライナ州ウィルミトンで、スカーレット・ウッド (31歳♀) を強姦して殴り、刺殺した。


2005年4月18日、ボイヤーはテネシー州バックスノートで、売春婦ジェニファー・スミス (24歳♀) を放棄された駐車場に連れ込んだ。

そして、行為を終えた後、お金を巡って口論となり、怒ったボイヤーはトラックのシートベルトでスミスの首を絞めて殺害した。

その後、遺体をトラックから降ろして逃走した。

遺体はハイウェイ労働者によって発見された (遺体が発見されてから遺体に残されたDNAがボイヤーと一致するまで2年かかった) 。

ボイヤーはウッド殺害で逮捕される。

ボイヤーはウッドと薬物の事で口論となり、口論の末にウッドを押した際に頭をぶつけたと述べ、故意ではないと主張した。

だが、剖検を行うと、ウッドは肋骨や顔面が骨折し、また、刺されていた事も判明した。


2007年、ボイヤーは有罪判決が言い渡され、懲役12年が言い渡された。


2011年9月、ボイヤーは他に2人の売春婦殺害を告白した。

それがハッガドーンとスミスであった。

実はスミス殺害は当初、ブルース・メンデンホール (以前掲載したのでそちらを参照) の犯行だと思われていたが、DNA鑑定の結果、ボイヤーによるものだと断定された。

だが、警察はボイヤーによる犯行は他にもあると考えていた。

2002年にノースカロライナ州で殺害されたロージー・マリー・マレット (26歳♀) 、殺害された日付は不明だが、ノースカロライナ州のマデリン・コックス・トーマス (♀) 、メイン州のパメラ・ウェッブ (♀) 、バージニア州のエイミー・ベイカー (♀) もボイヤーによる犯行とされ、ボイヤーによる犠牲者は7人に及ぶとした。


最後にボイヤーが刑務所で受けたインタビューで終わりたい思います。

「俺は多くの売春婦と寝た。その多くが刑事や検察の娘だった」



《殺人数》
3人 (7人の可能性大)

《犯行期間》
2000年4月~2005年4月18日



∽ 総評 ∽

『The Long Haul Territory Killer (長距離輸送地域殺人者) 』といわれ、少なくとも3人の売春婦を殺害したボイヤー。

ボイヤーは長距離トラックドライバーで、全米各州で犯行に及んだ。

同じくトラックドライバーでの殺人鬼といえば、『ハッピー・フェイス・キラー』ことキース・ジェスパーソンを筆頭にアメリカでは意外に多い。

アメリカは州の力が強く、それは州をまたげば別の国に来たといってもいい程である。

その為、普通の州警察が州をまたい捜査など出来ず、犯行がばれずに長期間に渡り行われる事が多いので、被害も飛躍的に増える傾向にある。

ボイヤーは初期の人生がほとんどわからない為、どのような人生を送ってきたのかよくわからず、何故、これ程の犯行に及んだのかわからない。

ただ、おそらく破綻した家庭であったのは間違いないだろう。