_20181128_125028
リオネル・カルドン (フランス)
【 1958 ~      】



リオネル・カルドンは、1958年1月6日、フランス・オンフルールで生まれた。


1978年、カルドンは武装強盗で逮捕され、懲役10年が言い渡された。


1983年5月、カルドンは仮釈放された。


同年10月11日、ジロンド県ぺサックで、2人の医師が殺害される。

殺害されたのはフランソワ=ザビエル・アランという外科医とその妻で麻酔科医のアリーンであった。

アランはバスタブで縛られ、電気ケーブルで首を絞められていた。

ただ、アリーンは家では発見されず、同年10月28日に、木の中で撃たれた姿で発見された。


同年11月21日深夜、コンコルド広場でカルドンがオートバイで走っていると、照明が故障していた為、警察官に止められる。

警察官が身分証明を要求するが、カルドンは持っていなかった。

カルドンは2人の警察官に囲まれていたのだが、突然、カルドンはオートバイで逃げ出した。

警察官2人がオートバイで追い掛け、すぐに追い付くが、カルドンは2人に向かって発砲した。

この銃撃で警察官のクラウド・ホシャールに2発命中し、死亡した。

その後、カルドンはブローニュの森に逃げ込んだ。

逃走したカルドンだったが、フランス国会議事堂に連絡し、警察官殺害は自己防衛であったと主張した。


同年11月24日、パリの弁護士事務所にカルドンが侵入し、人質を取って立て籠った。

隣人たちが警察に通報し、すぐに警察官が駆けつけ事務所を包囲した。

7時間以上経った後、説得の末、カルドンは投降した。


1986年12月1日、カルドンは医師夫妻殺害でボルドーのアゼイズ裁判所に現れ、同日、カルドンは自殺を試みた。

自殺は未遂に終わったが、その為、裁判は延期となった。


同年12月14日、カルドンは医師夫妻殺害は否認したが、結局、有罪判決が下され終身刑が言い渡された。


1989年5月1日、カルドンは他の囚人とフレンヌの刑務所から脱獄を試みている。


2012年10月、カルドンは日中、刑務所を離れる事が可能な半自由体制を国に求め、そして、トゥールーズ地方でボクシングジムを開く計画を持っていた。

だが、犯罪記録によりコーチングの卒業証書取得する事は出来ず、また、資金不足で計画は頓挫した。


2017年、カルドンはラヌムザンの刑務所で独房に収監された。



《殺人数》
3人 (他犯罪多数)

《犯行期間》
1983年10月11日、同年11月21日



∽ 総評 ∽

医師や警官、3人を殺害したカルドン。

医師夫妻殺害については動機がわからない。

その前に武装強盗で逮捕されているくらいなので、おそらく強盗目的だと思われるが、医師とわかってあえて狙ったと思われる。

カルドンは脱獄を試み、刑務所を離れる事の出来る制度を求めたが、身勝手極まりなくよくそんな事を言えたものだと思う。

そんな生意気な事を言った瞬間に死刑にすれば2度と愚かな事を言い出す輩がいなくなるだろう。