_20181118_125442
ウェイン・ロー (アメリカ)
【1974 ~     】



ウェイン・ロー (出生名:駱文) は、台湾・台南市で生まれた。

父親は戦闘機のパイロット、母親はバイオリン教師であり、両親共に中国本土から台湾への移民であった。


1981年春、一家はアメリカ・メリーランド州ロックビル郊外に移住した。


1983年、一家は台湾に戻り、1987年夏にモンタナ州ビリングス北西に定住した。

両親はグランドアベニューで中華レストランを経営した。


ローはルイス&クラーク中学校に通い、その後、セントラル・カトリック高校に通った。

また、14歳でビリングス交響楽団のヴァイオリニストとなった。


1990年、アスペン音楽祭に参加し、著名なヴァイオリニストのもとで学んだ。

ローの学校での成績 (GPA) は3.56であった (アメリカでは一般的に3.5以上で優秀とされている) 。


1991年4月、ローはマサチューセッツ州グレート・バリントンに移動し、奨学金を得て寄宿学校へ通った。

ローがわざわざマサチューセッツ州の寄宿学校に通ったのは父親のもとを離れたかったからだった。

ローはバード大学シモンズ・ロックに通う間、苛烈な人種差別主義者として有名であった。

大学の仲間によると、ローはファシストの信念を持ち、エイズを減らす方法は同性愛者を隔離する事だというエッセーを書いた。

そんなローは早々にのけ者にされてしまう。


1992年12月14日朝、バード大学にノースカロライナ州にある「Classic Arms」という会社からロー宛に荷物が届く。

荷物を受け取ったテレサ・ビーバーが開封してみると、中には7.62口径の弾薬が入っていた。

これを寄宿舎の管理人キャサリン・ロビンソンに通告し、ローの寮を調べる事になった。

しかし、ローが拒否した為、ロビンソンは大学の准教授に報告する。

そして、ロビンソンは夫と強制的にローの寮を調べるが、武器や弾薬等は発見されなかった。

ローは届いた弾薬は父親からのクリスマスプレゼントだと話した。

ローは学長のオフィスに連れられ、大学には何の武器も持ち込んでいないと述べた。

だが、学長は他の学生からローが弾薬を備蓄しているという報告を受けていた。

同日夜、匿名の人物から学校にローが武装してロビンソン一家を殺すかもしれないという電話が入る (後にその匿名の人物は夕食をローと一緒に食べた学生だと判明した) 。

ロビンソンは学長に連絡し、ローを見つけるように呼び掛けた。

だが、警察への連絡は行わなかった。

実はローは2日前に発注していた弾薬を隠し持っていた。

そして、14日午前10時頃、ローはタクシーに乗りマサチューセッツ州ピッツフィールドに向かい、「Dave's Sporting Goods店」でSKS半自動ライフルを購入する。

同日午後10時20分頃、ローはSKS半自動ライフルで武装すると校内に侵入した。

そして、弾薬を最初に見つけ報告したビーバーを見つけると腹部に2発銃弾を撃ち込んだ。

その後、スペイン語教師ナカナン・サエス (37歳♂) を撃って射殺する。

ローはセキュリティエリアを出て図書館に入った。

そこで、学生のガレン・ギブソン (18歳♂) を射殺し、別の学生を負傷させた。

更にローは図書館を出た後、隣の寮に向かって歩いている新入生2人に発砲し、負傷させた。

だが、ライフルが詰まってしまい学生組合の建物に向かう際に銃を落とした。

そして、自ら警察に電話し、自分のこれまでの行動について説明し、駆けつけた警官に抵抗せず逮捕された。

銃撃による犠牲者は2人で、負傷者は4人であった。


裁判が始まると、ローの人種差別がもたらしたヘイトクライム (憎悪犯罪) とされたが、犯行が直接人種差別と結び付くという結論には至らなかった。

しかし、ローの精神状態について診察が行われ、精神科医はローが統合失調症に苦しんでいるとし、その行動は自己愛性人格障害によるものだと述べた。

だが、ローは17件の罪で有罪判決が下され、仮釈放の可能性がない2つの終身刑が言い渡された。


1999年、犠牲者のガレスの父グレゴリーは、事件についての詳細な本を書いている。

ローは友人と2人共同所有でウェブサイトを持っており、それはローの犠牲者や遺族を助ける為に設立されたものであった。

このサイトはローが描いた絵画や刺繍等の芸術品を購入する事ができ、その全ての収入はガレン・ギブソン基金に寄付されるようになっていた。


最後に2017年12月に受けたインタビューの内容の一部で終わりたいと思います。

私は学校から帰る為の車を借りる事は出来なかったがライフルはたった15分で買う事は出来た。その時、私は18歳であった。アメリカでは容易に銃が手に入る」



《殺人数》
2人 (他負傷者4人)

《犯行期間》
1992年12月14日



∽ 総評 ∽

自身の通っている大学で銃を乱射したロー。

銃乱射事件はもはやアメリカの恒例行事であり、珍しくもなんともない。

また、ローの動機もヘイトクライムとは関係ないとされたが、犯行前の様子から個人的にはそれも原因にあると思われる。

ただ、ローが最近インタビューに答えた内容は、正直アメリカ社会の現状を皮肉に的確に捉えていると認めざるを得ない。

車は借りれなかったが銃は15分で買えた、しかも、18歳の俺がと言っているが、日本人の私からすればとても信じられない。

アメリカの銃に対する安易さ、抵抗のなさには驚きと動揺を隠せない。