_20181110_094818
アルカジー・ズベレフ (ロシア)
【1996 ~     】



_20181110_094756
ヴァレリア (ロシア)
【2006 ~     】



2018年11月初め、ロシア・サンクトペテルブルク近郊で1人の男性が逮捕される。

逮捕されたのはアルカジー・ズベレフという男性で、同年10月末から行方不明となっていたソチ在住の少女ヴァレリアに対する誘拐と強姦の罪であった。

逮捕された時、ヴァレリアはズベレフと一緒にいたのだが、その後、2人がいた家を捜索した所、その様子に愕然とする。

室内には男性の分解された遺体が発見され、頭部や腕が切り落とされていた。

殺害されたのはアレクサンドル・ポポヴィッチ (21歳) という名の男性で、2人が住んでいた家の家主であった。

ズベレフはポポヴィッチとレストランで知り合い、住む場所を探していたズベレフにポポヴィッチは格安で家を貸し出した。

だが、金銭をめぐって口論となり、眠っているポポヴィッチをナイフで刺し殺した。

そして、ズベレフはヴァレリアと共に遺体の胸を開き、頭部や腕を切断した。

その後、頭部を電子レンジでかけ、ヴァレリアと脳や眼球を食べた。

家は古びた平屋建ての木造住宅で、血のついた布や汚れた鍋等が散乱していた。

フライパンには何の肉が乗ったままであった。

また、心臓も切り抜かれていた。

当初、警察はズベレフがヴァレリアを誘拐し、無理やりポポヴィッチ殺害を手伝わせ、その後、食べるよう強要したと誰もが思った。

だが、実際はそうではなかった。

ズベレフはペドフィリア (小児性愛者) であり、幼い少女を求めオンラインを頻繁に行っていた。

そして、ヴァレリアとオンラインで知り合い、その後、恋人同士になった。

ヴァレリアが行方不明となったとされる10月末、自ら進んでズベレフと行動を共にしたのだった。

失踪直前、ヴァレリアはSNSに

「彼を誰にも渡さない。彼は私だけのもの。私には彼以外何も必要ない」

と書き込んでいた。

ズベレフとヴァレリアはソチで合流し、レンタカーを使って約1900kmも離れたノヴィンカへと移動した。

ヴァレリアは実際の年齢よりも大人びていた為、ズベレフが「自分の彼女」と紹介しても誰も疑問に思わなかった。

逮捕後、2人は警察に対し、

「他に食べる物がなかった」

と語り、食べる物が何もなかったからポポヴィッチを食べたと供述した。

ズベレフは遺体を食べた事について問われると、以前、彼女が転落死した際、頭から流れ出る脳を見て衝撃を受け、食べてみたいと興味を持ったと述べた。

この元彼女についてズベレフは15歳の頃から18歳で転落死するまで交際していたのだが、この彼女の転落死もズベレフが関わっているのではないかとみられている。

これから裁判が行われる予定であるが、ズベレフは殺人と遺体損壊の罪で最大で懲役15年、未成年への強姦の罪で最大で10年の刑が下される可能性がある。

ヴァレリアは12歳という年齢により、刑事犯罪の年齢を下回っていた為、告発される事はなかった。

だが、ポポヴィッチの胸をナイフで切り開いたのはヴァレリアであり、積極的に行っていたのはズベレフよりむしろヴァレリアの方であった。

その為、精神医学的検査により1ヶ月間、病院に入院する事となった。


最後に保護された際のヴァレリアの発言で終わりたいと思います。

「心臓は甘過ぎる。脳の方が遥かに美味しかった」



《殺人数》
1人 (もう1人殺害している可能性あり)

《犯行期間》
2018年11月



∽ 総評 ∽

好意で安く部屋を貸してくれた相手を無惨に殺害し、その遺体を解体して脳や心臓を食べたズベレフとヴァレリア。

安く部屋を提供してくれた人間を殺して食べるという全く救いようがない鬼畜である。

しかも、食べた理由が「食べ物がないから」というこれまた安直で短絡的な理由であるのが余計に許せない。

ロシアはこれまで紹介して通り、かのアンドレイ・チカチーロを代表とする食人鬼が非常に多い。

以前、話した通り、確実な因果関係はないがロシアのような寒い国は食料に乏しい為、多いのではないかと推測される。

今回の鬼畜2人は、当初、ズベレフがヴァレリアを誘拐し、強姦して脅す事で殺人に協力させたのではと思われたが、蓋を開ければどうもそうではなかった。

ヴァレリアはズベレフを愛しており、積極的に協力していた。

わずか12歳でのこの異常性はメアリー・ベル等を彷彿とさせるものがある。

ヴァレリアは12歳であった為、ロシアの法律では刑事罰を受ける事はないが、こんな異常な少女を外に出しておく事がどれだけ危険なことか。

また、ロシアの刑罰の非常に恐ろしい所は、殺人と死体損壊で最大15年、強姦で最大10年という異常な軽さである。

以前、紹介した殺人一家イネッサ・ターバーディエヴァたちも30人以上殺害して懲役20年前後であった。

これだけの犯罪を行って最大25年とは、ロシアは犯罪者にとって天国といえる。