_20180807_235050
ホセ・ロドリゲス (アメリカ)
【1971 ~      】



1974年、ホセ・ギルバート・ロドリゲス2歳の時に父親が死亡した。

ロドリゲスは養子に出されたが、養父は叔父であった。

ロドリゲスの母親ドロレスによると良い息子であり、学校でも行いは良かったが、16歳頃から素行が悪くなり始めたという。


そんなロドリゲスによる犯罪は少なくとも1989年から始まり、それは強姦や強盗、自動車窃盗等多岐に渡った。

ロドリゲスは女性の家に侵入し強姦しようとしたが、抵抗された為諦め、車を盗んで逃走した。

ロドリゲスは様々な罪により懲役25年が言い渡された。


2017年、ロドリゲスは釈放されるが、テキサス州モンゴメリー郡で再び逮捕された。


同年9月、ロドリゲスは仮釈放されたが、性犯罪者として足にGPSの装着を義務付けられた。

そして、ヒューストンのテレサ・ウィリアムズという女性の家に住む事となる。

ウィリアムズによると、ロドリゲスは時間を守り勤勉であったという。

また、ロドリゲスはタイソンにある工場で仕事をしており、2023年まで仮釈放の監視を受ける予定であった。


2018年7月5日、ロドリゲスは足首に付いているGPSを外した。


同年7月9日、ロドリゲスはマサチューセッツ州フォックスボロで、老夫婦の家に侵入する。

そして、夫 (87歳) を銃での脅すと拘束し、枕を顔に押しあて窒息死させた。

その後、金品を盗んで逃走した。

この時、妻 (86歳) はシャワーを浴びていた為、助かった。


同年7月12日、ロドリゲスは食料品チェーンの従業員パメラ・ジョンソン (62歳♀) を殺害する。

その後、ロドリゲスはジョンソンの車を盗んで逃走した。


翌日の13日、ロドリゲスは「Mattress Firm (マットレス・ファーム) 」に侵入すると、従業員のアリー・バーロウ (28歳♀) を殺害する。

バーロウはオフィスで頭を撃たれていた。

数時間後、盗まれたジョンソンの車から降りるロドリゲスの姿が確認された。


同年7月16日朝、ロドリゲスはバスドライバーを襲撃し、銃で発砲した。

バスドライバーは撃たれ瀕死の重傷を負ったが、病院に搬送された後、懸命な治療の結果助かった。


同日、ロドリゲスはエドワード・マガーニャ (57歳♂) を殺害する。

この時点で警察は一連の銃撃事件の犯人をロドリゲスだと断定しており、捜査を進めていた。


翌日の17日、ロドリゲスは逮捕される。

ロドリゲスは2件の殺人と1件の殺人未遂で起訴された (まだ判決は出ていない) 。


最後にロドリゲスの母ドロレスの言葉で終わりたいと思いますを

「彼のやった事は非常に悪い事です。ただ、彼は決して暴力的ではなかった。彼は良い心を持っていた」



《殺人数》
4人 (他負傷者1人)

《犯行期間》
2018年7月9日~同年7月16日



∽ 総評 ∽

強盗目的で4人を殺害したロドリゲス。

ロドリゲスがこれ程の異常者となったのは間違いなく幼少時代の影響だろう。

ただ、父親の死の詳細と、母親がいるにも関わらず何故養子に出されたのかよくわからない。

ロドリゲスは母親は別として一緒に住んだ女性からは時間を守り勤勉だったと言われたが、それはもちろん表面上だけである。

ロドリゲスは良い人を平気で装い、人を騙す事に長けており、サイコパスだといえる。

最後の母親の発言はよくこんな凶悪な犯罪を犯したにも関わらず言えたものだと思う。

どんな鬼畜でも子は子だという事なのだろうか。