_20180727_140648
レスリー・ウィリアムズ (アメリカ)
【1953 ~     】



レスリー・アレン・ウィリアムズは、1953年7月4日、アメリカ・ミシガン州デトロイトで生まれた。


ウィリアムズは幼少の頃から常習的な犯罪者で、10代で不法侵入を犯し、逮捕された。


1983年、ウィリアムズは女性を脅迫して拉致した罪で懲役5年から10年の不定期刑を言い渡された。


こうしてウィリアムズは1971年から1990年に釈放されるまで、強盗や不法侵入等、4度の有罪判決が下され、合計15年刑務所に収監された。


1991年、ウィリアムズは9歳の少女を強姦した。


1992年5月29日、ウィリアムズは逮捕される。

容疑は35歳の女性を強姦した罪であった。

しかし、逮捕されたウィリアムズは他の犯罪について自ら告白する。

それは9歳の少女強姦だけではなく、強姦殺人についてだった。

ウィリアムズは1991年から翌年1992年の1年の間、4人の少女を誘拐すると強姦し、殺害した。

4人の少女とはメリッサ (14歳♀) とミシェル・ウービン (16♀) 姉妹、1991年9月14日から1992年1月2日の間に行方不明となったキャミ・ヴィジャヌエヴァ (18歳♀) 、1992年1月未明に行方不明となったシンシア・マリー・ジョーンズ (15歳♀) であった。

ウィリアムズはデトロイト北西部、オークランド郡とジェネシー郡に4人の遺体を捨てたと供述した。

そして、ウィリアムズが示した場所で4人の遺体が発見された。


同年5月、ミシガン州の議員は、今回のウィリアムズの件を含め1990年に検挙された8888人の犯罪者の内、仮釈放された犯罪者の実に20%が再犯や報復を行った事に言及し、仮釈放制度の見直しを訴えた。


同年、ウィリアムズには仮釈放の可能性がない終身刑が言い渡された。



《殺人数》
4人 (他犯罪多数)

《犯行期間》
1991年~1992年1月



∽ 総評 ∽

10代の少女ばかり4人を強姦して殺害したウィリアムズ。

ウィリアムズは殺害したの10代ばかりだが、9歳や30代の女性も強姦しており、特に少女に拘っているわけでなかった。

ウィリアムズは20年の間、何度も逮捕されては釈放を繰り返した。

いつも同じ事を言っているが、最初の逮捕の際にしっかりと裁いていれば後の犯行は防げた。

ミシガン州の議員は仮釈放制度の見直しを訴えたが、今更かと思える。

そもそも、仮釈放を許可した人間が、仮釈放した犯罪者が再犯しても何の罪も問われない時点で、そこまで真剣に考えるとは思えない。

ウィリアムズは10代の頃にはすでに常習的な犯罪者となっていたが、生まれ持ったものなのか後天的なものなのかわからない。

ただ、ウィリアムズが生まれ育ったデトロイトは、車の町として有名ではあるが、近年の荒廃は凄まじく、全米屈指の危険な街となっている。

そんな街で生まれ育ったウィリアムズは、異常者となるのは必然的だったのかもしれない。