_20180522_181420
デニス・ホイットニー (アメリカ)
【1943 ~ 2005】



デニス・マナフォード・ホイットニーは、1943年、アメリカ・カリフォルニア州ビクタービルで生まれた。


ホイットニーは8歳で喫煙を始め、10歳になると飲酒を始めた。


ホイットニーは12歳でいくつかの武装強盗を繰り返していた。


1960年2月12日、ホイットニーはビクタービルのガソリンスタンドで働くジミー・ライアン (♂) を殺害する。

ホイットニーはガソリンスタンドを襲い、その際、ライアンを殺害したのだが、そもそもガソリンスタンドを襲った理由は無一文であった為、少しのお金を手に入れたいという安易なものであった。


同年2月20日、ホイットニーはアリゾナ州フェニックスで、2人の同性愛者を殺害する。


その後、ホイットニーはフェニックスで車を盗むと、別のガソリンスタンドの従業員を殺害する。


ホイットニーはアリゾナ州トゥームストーンでガス欠となってしまい、同年2月24日までにフロリダ州マイアミに到着した。


同年2月29日、ホイットニーはマイアミのガソリンスタンドで、ケン・メッツァルノ (♂) を殺害する。


そして、同じ日、ホイットニーはアーサー・キラー (53歳♂) を殺害した。


同年3月3日、ホイットニーは別のガソリンスタンドを襲撃し、ジャック・ビーチャー (♂) に4発の銃弾を撃ち込む。

しかし、ビーチャーは一命を取り留め、犯人について警察に告げた。


翌日の4日、警察はホイットニーが滞在するモーテルを突き止め、向かうがすでにホイットニーは逃走していた。

ホイットニーはフロリダ州ハイアリアの主婦バージニア・セルビー (♀) を誘拐する。

ホイットニーはセルビーをパームビーチ郡北部の人気のない場所に連れ込む。

そして、ホイットニーはセルビーをハンマーで殴った後、額を撃って射殺した。


セルビーを射殺してから9時間後 (3月5日) 、ホイットニーは逮捕された。


同年6月30日、ホイットニーは死刑が言い渡された。


1972年、ホイットニーは終身刑に変更された。


2005年、ホイットニーは刑務所で死去した。


最後にライアン殺害について述べたホイットニーの言葉で終わりたいと思います。

「私はライアンを殺害後、殺人を続けた方がよいと思いました。多分、1ダース (12) 程を殺す予定でした」



《殺人数》
7人 (他犯罪多数)

《犯行期間》
1960年2月12日~同年3月4日



∽ 総評 ∽

1ヶ月足らずで7人を殺害したホイットニー。

ホイットニーの犯行は基本強盗だが、同性愛者や最後に主婦を殺しており、全てがそうではなかった。

ただ、犠牲者の多くが名前や犯行の様子が伝わっておらず、古い時代という事もあり謎の部分が多い。

ホイットニーは8歳の時にタバコを吸い始め、10歳の時には酒を飲むという破綻した生活を送っていた。

何故、そうなったか詳細はないが、おそらく家庭は崩壊していたのだろう。

また、元々脳に回復不能なダメージを負っていた可能性も高い。

ホイットニーが殺人を始めたのが16、7歳の頃であり、わずか1ヶ月足らずで7人を殺害した。

その早熟さは群を抜いており、しかも、ほとんどが強盗殺人であった。

ただ、何故、死刑が終身刑になったのかわからず (おそらく嘆願や控訴) 、アメリカではよくある事ではあるが被害者や遺族からすればとても容認出来る事ではないだろう。