_20180326_101900
エルノ・ソト (アメリカ)
【1972 ~ 1973】



1972年3月9日、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨークで、ダグラス・オーウェンズ (8歳♂黒人) の遺体が発見される。

オーウェンズの遺体は首や胸、背中を38回刺されており、陰茎が切り取られていた。


同年4月20日、黒人少年 (10歳) が首や背中を刺され、性器を切り取られる事件が起こる。

重傷を負ったが青年は一命を取り留めた。


同年10月23日、ウェンデル・ハバード (9歳♂黒人) が首や胸、腹部を17回刺され、陰茎を切り取られ殺害された。


1973年3月7日、ルイス・オルティス (9歳♂黒人) が首や胸、背中を38回刺され、陰茎を切り取られ殺害された。


同年8月7日、スティーブン・クロッパー (8歳♂黒人) が剃刀で切り殺された。

クロッパーは陰茎を切り取られていなかった。

警察はこれまでの犯行とは少し異なる為、当初、クロッパー殺害を別の犯人による犯行だと考えたが、偶然そうなったものと結論付けられた。

警察はニューヨーク市内で発生したこの連続黒人少年殺害事件を『Charlie Chop-off (チャーリー・チョップオフ) 』事件と命名し、捜査を進めた。

しかし、犯人逮捕に至らず、事件は解決しないまま時間だけが流れる。


1974年5月25日、プエルトリコの少年が誘拐された後、犯人としてプエルトリコ人のエルノ・ソトという男性が逮捕される。

ソトは1969年からマンハッタン州立病院に通う精神病の患者であったのだが、1973年にクロッパー殺害を自白した。

唯一の生存者の少年が、ソトを見て犯人に似ていると述べたが、確実に犯人とは断定しなかった。

マンハッタン州立病院の関係者は、殺人が行われた時にソトは病院に拘束されていたと述べたが、実際は拘束されていない時間帯があった事が後に判明した。

ソトは以前、結婚していたが数年前に妻を刺して別れていた。

妻とは和解したが、妻はプエルトリコ人であった。

離婚後、ソトの精神状態は悪化の一途を辿り、黒人少年 (8歳) の誕生日会に無理やり参加した事もあった。

ソトは一連の殺人事件の犯人として改めて逮捕されたが、証拠が不足しており、また、裁判に耐えうる精神状態ではないとして精神医療機関に送られた。



《殺人数》
4人 (他1人負傷)

《犯行期間》
1972年3月9日~1973年8月7日



∽ 総評 ∽

黒人少年ばかり4人を殺害したとされるソト。

結局、一連の殺人事件の確定的な犯人は現在も不明だが、ソトが有力な犯人とされている。

ソトは自らが犯人だと自白したが、精神状態はかなり悪化しており、しかも、クロッパー殺害は自白するが他の殺人については特に語っていない。

これは個人的な考えだが、クロッパー殺害は実際ソトであり、他の犯行は別の殺人犯の仕業だと思う。

それだと、クロッパーの犯行だけ他の3人と違う事の説明がつく。

仮にそうだとしたら真犯人は存在する事となり、すでに40年以上経過した現在、解決は非常に難しいだろう。