_20180126_093602
イムラン・アリ (パキスタン)
【1993 ~     】



2018年1月4日、パキスタン・パンジャブ州カスールで、ザイナブ・アンサリ (6歳♀) が行方不明となる。

アンサリは家から程近いイスラム教の聖典コーランの朗読会に向かった後、行方がわからなくなった。

当時、アンサリの両親は巡礼の為、サウジアラビアに行っており、行方不明となった時は叔父ムハンマド・アドナンと一緒に暮らしていた。

アドナンはすぐに警察に行方不明届けを提出した。

しかし、警察はアンサリ捜索に着手せず、動こうとしなかった。

アンサリの家族は警察はあてにならないと判断し、独自に防犯カメラの映像を入手する。

そこには行方不明となる前のアンサリの姿が映し出されており、白い服とジャケットを着た髭を生やした男性に手を引かれているアンサリの様子が伺えた。

この防犯カメラの映像はソーシャルメディアによって広く拡散された。


同年1月8日、アンサリの自宅から約2km離れたゴミ集積場で、アンサリの遺体が発見された。 

検死の結果、アンサリは強姦され、首を絞められて殺害された事がわかった。

このアンサリの事件が公になると、ついに市民の怒りが爆発し抗議デモが発生した。

というのも、実はカスールではこの2年間で12人の少女が強姦され殺害されるという事件が相次いでいた。

しかも、事件は2ヶ月に1回の感覚で行われていた。

それらの事件が進展しないばかりか、今回のアンサリの杜撰な捜査により怒りが頂点に達したのであった。

アンサリの父親は、サウジアラビアからパキスタンに戻ると地元のインタビューに答え
「もし、警察がすぐに行動し、的確な捜査を行っていたら犯人はすぐに捕まっていたかもしれない」
と語った。


同年1月10日、デモ隊がカスールの警察署を襲撃し、そのあまりの激しさに警察がデモ隊に向かい銃を発砲する。

この銃撃によりデモ隊の2人が死亡した。

このアンサリの事件はパキスタン全土に広がり、著名な映画俳優やクリケット選手等が犯人逮捕を求めるコメントを次々と発表した。

女優はマヒラ・カーンは
「そいつ (犯人) を見つけて!頼むから見つける為に何でもして。そして、見せしめにして!こんな事をするのを考えるのも怖くなるような見せしめに!」
とツイッターにコメントを寄せた。

クリケットのパキスタン代表選手モハンマド・アミールは、
「こんな社会で私たちは生きているんだと胸が張り裂ける思い。とてもショックで嫌悪感に満ちた気持ちだ。ご両親に本当に同情する」
とツイートした。

カスール警察はアンサリの事件を含む過去12件の事件の内、5件に関しては1人の容疑者が浮上し、他に容疑者の可能性がある90人のDNAサンプルを採取していた。

2017年12月にはカスール中心部の自宅近くの商店街で、9歳の少女が誘拐され行方不明となっていた。

しかし、少女は何とか逃げ出す事に成功したが、心的外傷後ストレス障害に悩まされていた。


同年1月23日、警察は記者会見でアンサリの殺人犯を逮捕したと発表した。

犯人はイムラン・アリという名の24歳の整備士であった。

アリはアンサリを含む少なくとも8人の少女を殺害した容疑で逮捕された。

アリのDNAがアンサリを含む8人の少女に残された精液のサンプルと一致した。

アリは殺害されたアンサリの近所に住んでいたのだが、アリはアンサリ殺害を否認した。

しかし、アリは他の犯罪について告白し、警察は防犯カメラに映し出された容疑者が着用していた物と同じジャケットを発見した。

裁判はこれから始まる予定であり、今後、他にも余罪が明るみになる可能性がある。


同年2月17日、アリには4つの死刑が言い渡された。

また、殺害した子供の遺体を隠した罪で終身刑と320万ルピー (約310万円) の罰金も言い渡された。


同年10月17日、絞首刑による死刑が執行された。



《殺人数》
8人以上 (12人の可能性あり)

《犯行期間》
2016年~2018年1月4日



∽ 総評 ∽

最低8人、12人の少女を強姦して殺害した可能性が高いアリ。

アリはどのような人生を歩んできたのかよくわからないが、典型的な小児性愛者であり、鬼畜中の鬼畜といえる。

カスールでは2年間で12人の少女が強姦され殺されているが、犯人は逮捕されていなかった。

その為、アンサリの事件でついに市民の怒りが限界に達し、抗議デモが警察署に押し寄せる騒ぎとなった。

普通、逮捕出来ない事に怒りは覚えても、デモを起こすまでに至る事はなく、警察の捜査がよほど杜撰であったのだろう。

まだ、裁判も始まっておらず、真意はわからないが、おそらく過去2年間で発生した連続少女強姦殺人事件の犯人はアリで間違いないと思われる。

今後の裁判の動向に注目していきたい。