image
















リュドミラ・パヴリチェンコ (ロシア)
【1916 ~ 1974】



リュドミラ・ミハイロヴナ・パヴリチェンコは、1916年7月12日、帝政ロシア時のウクライナ・キエフ近郊で生まれた。

パヴリチェンコは子供の頃から人形遊びに興味を示さず、スリング (遠心力を利用した紐状の投石器) でスズメを撃つ事を好んだ。


パヴリチェンコ14歳の時、一家はキエフ市内に移り住んだ。


パヴリチェンコは9学年 (中学) を卒業すると、アーセナル工場の粉砕機を扱う仕事に就いた。

また、パヴリチェンコは働きながら勉学に励んだ。


1932年、パヴリチェンコはアレクセイ・パヴリチェンコと結婚し、息子ロスチスラフを生んだ。

しかし、パヴリチェンコは強制的に結婚生活を止めさせられた。


1937年、パヴリチェンコはキエフ大学に入学し、ライフルを扱う射撃競技に参加した。

そこでのパヴリチェンコの射撃の腕前は相当なものであった。


1941年、ドイツがソ連に宣戦を布告し、ドイツ、ルーマニア、ハンガリー、イタリアの連合軍がソ連に進行を開始する。

その事を知ったパヴリチェンコは、在学中にもかかわらず、進んで入隊を志願した。

しかも、パヴリチェンコは従軍看護婦ではなく、狙撃手として配属を希望したのだが、これは極めて珍しい事であった。

身体検査をクリアし、狙撃手適性試験も合格したパヴリチェンコは、女子志願兵として第25狙撃兵師団第54狙撃連帯に二等兵として配属される。

軍に入った後、射撃の訓練において非常に優秀な成績を挙げ、パヴリチェンコは正式な狙撃手として採用される。

そして、スコープを装着したモシン・ナガン (かのシモ・ヘイヘもモシン・ナガンを愛用したが、スコープは付けなかった) を与えられ、戦場に赴いた。


1941年8月、ソ連赤軍はドイツ軍の猛攻に遭い、撤退を余儀なくされる苦しい戦況が続いていた。

そんな中、パヴリチェンコはドイツ軍を食い止める為、オデッサの防衛任務に就いた。

パヴリチェンコは初めての戦闘で早くも2人を射殺する。

しかし、奮戦空しくパヴリチェンコら第25狙撃兵師団は後退を余儀なくされ、パヴリチェンコら狙撃手には本隊が後退するまでドイツ軍を食い止め、遅延させる事を命じられる。

これは本隊を無事後退させる為に死んで食い止めろという非情な指示でもあったが、パヴリチェンコらはドイツ軍の一般兵ではなく、指揮官や通信兵等を積極的に狙撃していった。

パヴリチェンコは枯草模様の装備をして自然に溶け込み、ドイツ軍の背後や側面を約700mもの距離から狙撃し、大いに成果を挙げた。

そして、オデッサ防衛戦でパヴリチェンコは、約2ヶ月という戦闘期間でドイツ兵の狙撃手10人以上を含む実に187人を射殺した。

この功績が認められ、パヴリチェンコは少尉に昇進した。

パヴリチェンコはこの頃から銃をモシン・ナガンからトカレフに変更したとされ、中距離射撃を得意としたパヴリチェンコには断然扱い易い銃であった。

その後、パヴリチェンコはオデッサを脱出し、艦隊戦で激戦が繰り広げられていたクリミア半島セヴァストポリに派遣された。

ここでもオデッサ同様、ドイツ軍に囲まれ防衛戦が展開されたが、パヴリチェンコが得意としたカウンター射撃が冴え渡り、多くのドイツ兵を射殺した。


1942年5月、パヴリチェンコは中尉に昇進し、この時点での射殺数は257人に上った。

しかし、ドイツ軍のセヴァストポリ包囲網を一旦は打破したソ連軍であったが、ドイツ軍の反撃に遭い再び包囲されてしまう。


同年6月、ドイツ軍の大砲の砲撃に晒され、パヴリチェンコも砲撃による破片により負傷し、病院に搬送された。

その後、セヴァストポリはドイツ軍によって陥落した。


パヴリチェンコは約1ヶ月の治療の末、退院し、北コーカサスに侵攻して来たドイツ軍を迎え撃つべく、前線に立って狙撃を続けた。

しかし、この時、パヴリチェンコの名はソ連に知れ渡っており、彼女を失う事を恐れた軍上層部の命令により、パヴリチェンコは女子狙撃教育隊の教官に任命され、前線から離れる事となる。

ただ、パヴリチェンコはソ連軍の戦闘機がドイツ人の少年を撃ち殺すのを目の当たりにし、この頃には考え方が変わっていた。

「幸せな少年が私の目の前で無惨に殺されてしまった。以来、何かが私を変えた」

と後に語っており、パヴリチェンコ自身も前線から身を引く事に抵抗はなかった。

結局、在任のまま第二次世界大戦は終了した為、パヴリチェンコの戦争は終わった。

結局、パヴリチェンコはドイツ兵309人 (正式な数は不明だが、公式的にはこの数とされる) を射殺した (その内、36人は狙撃手であった) 。

ただ、パヴリチェンコは「ドイツ兵は苦しむべし」という考え方を持っており、わざと急所を外し、相手を苦しめた行為は非難の的となった。

その非情さからパヴリチェンコは『死の貴婦人』と呼ばれ恐れられた。

パヴリチェンコは少佐に昇進し、同盟国のアメリカへ外交として赴いた。

パヴリチェンコはソ連人として初めてホワイトハウスで当時のアメリカ大統領フランクリン・ルーズヴェルト会った。

また、パヴリチェンコはルーズヴェルト大統領夫人と全米を渡り、各地でスピーチを行った。

アメリカ海兵隊の訓練基地では、狙撃手養成の為の講義を行った。


1943年、パヴリチェンコは帰国し、英雄賞を受賞し、肖像が切手に使われた。

その後、パヴリチェンコは再び女子狙撃教育隊の教官となった。


1945年、終戦後にパヴリチェンコは軍を除隊し、キエフ大学に復学した。


大学卒業後は海軍司令部の戦史課に就職し、1953年まで助手として戦史編纂に携わった。


1974年10月27日、パヴリチェンコは死去する。

享年58歳であった。

ソ連赤軍は2000人以上の女性狙撃手を登用し、前線に送り込んだが、パヴリチェンコは中でも群を抜く射殺数を記録した。


最後に射撃について語ったパヴリチェンコの言葉で終わりたいと思います。

「私の仕事は理論的に人を撃つ事だが、想像と実際に行うとでは全く違う」



【射殺数】
309人


【期間】
1941年8月~1942年7月




∽ 総評 ∽

女性狙撃手として309人ものドイツ兵を射殺したパヴリチェンコ。

パヴリチェンコはドイツ兵を徹底的に嫌っており、ドイツ兵には何をしても構わないという考え方が根底にあり、射殺出来るにも関わらず、わざと急所を外し、相手が苦しんで死んでいくのを見届け弄ぶという非情で冷酷な狙撃を行った。

女性のスナイパーというのはあまり知られていないが実は意外に多く、実際は男性よりも多いと言われる。

ただ、殺害数が少ない為、男性のスナイパーばかり目立っているのだろう。

ただし、中でもこのパヴリチェンコは別格で、公式の記録として300人を射殺した唯一の女性狙撃手であった。

また、公式的に記録される中で、射殺数歴代10傑に女性として唯一ランクインしている。

パヴリチェンコは狙撃手を相手としたカウンター射撃を得意とし、実に狙撃手36人を葬った。

これは逆に相手の狙撃手に返り討ちに遭うリスクも高く、かなり危険な狙撃でもあった。

そういった部分でもパヴリチェンコの射撃は高精度で特殊であり、難易度がかなり高い方だと思われる。

以前紹介した張桃芳や最多射殺記録保持者のシモ・ヘイヘは、射撃の腕前は訓練の成果だと述べているが、パヴリチェンコは射撃の向上の為の特別な訓練を行っていたという様子はなかった (詳細がないだけで実際はかなりの訓練をしていたのかもしれないが) 。

パヴリチェンコは実力はもちろんだが、その端麗な容姿と相まって狙撃手の中でもその存在は一際異彩を放っている。