image











張 桃芳 (ヂャン・タオファン 中国)
【1931 ~ 2007】



張桃芳は、1931年 (月日は不明) 、中国・江蘇省興化市で生まれた。


1951年3月、張は19歳の時、中国人民志願軍に志願し、入隊する。

軍に入隊した張はすぐにその才能を見出だされ、射撃訓練コースに送られた。

そこでは狙撃兵同士、経験や技術を教え合い、互いに切磋琢磨した。

トレーニングの終わりにシューティングゲームが行われたが、張は目標にはヒットしなかったものの、瞬時に4、5発放ち周囲を驚かせた。


1953年1月29日、張は第24軍団第214連帯の一員として上甘嶺に赴任し、朝鮮戦争に参加した。

張の役割は戦略拠点の防衛であり、北朝鮮との国境沿いの丘に配備された。

最前線に立った張は、迫り来る敵軍兵士を次々と射殺していく。


同年5月25日の約4ヶ月の間、張によって442発放たれた銃弾により214人 (1日平均6.68人、命中率は48.4%) を射殺する。

ただし、張は4ヶ月の間、常に戦場に立っていたわけではなく、ほとんどを訓練や会議に時間を費やしており、214人 (奇しくも所属連帯と同じ数字) を射殺したのは32日間の出来事であった。

張は朝鮮戦争における最も射殺した人物となった。

結局、張が戦場に立ったのは40日間であり、他に72人を負傷させた。

この活躍で張は二級狙撃英雄の称号を授与され、『狙神』と呼ばれ恐れ敬まれた。

また、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議からは一級国旗勲章を授与された。


1954年、張は志願軍の戦闘機のパイロットとなり、そして、陸軍兵士となった。

その後、張は徐州第五空軍予備校と済南51社航空学校で勉学に励み、空軍に移った。


1956年、張は中国共産党に参加した。

張は最新鋭の戦闘機のパイロットとして訓練基地に配備され、空軍防空部隊の責任者となった。

その後も中国は度々戦争を起こしたり参加したりしているが、張は戦場に行く事はなく、2度とライフルを握る事はなかった。


1980年、張は退職し、2007年10月29日、濰坊で死去した。

享年77歳。

張の狙撃は訓練と勉強の賜物とされ、張はライフルの反動に耐える為、毎日10キロもの砂袋を使い腕の筋肉を鍛えた。

また、張は弱い光の穴を標的と見定め訓練に励んだ。

2003年、中国の中部テレビCCTV―1は、ドキュメンタリー番組『スナイパー・ヒーロー』を放送し、張の事を取り上げた。

張は2、3回インタビューに答え、狙撃について経験した事を話している。


最後に射撃について問われた際の張の言葉で終わりたいと思います。

「視界が目標からどのくらいか見定め、その瞬間、何も考えず引き金を引くだけだ」



【射殺数】
214人
(他負傷者72人)

【期間】
1953年1月29日~同年5月25日




∽ 総評 ∽

朝鮮戦争で実に214人を射殺した張。

張がこれほどの人数を射殺したのは、朝鮮戦争の中でもわずか32日間の出来事であった。

狙撃手として最も有名であろうシモ・ヘイヘもそうであったが、スナイパーは短期間でとんでもない射殺数を記録する事が多い。

また、ヘイヘも狙撃のコツを聞かれた際同様の事を答えており、張もそうであったが全てが訓練の成果であった。

ただ、努力は当然必要だとして、個人的には何でもそうだが才能ももちろん関係あると思う。

しかも、これまたヘイヘ同様、射殺を記録して以降、戦争に参加せず (戦争自体が少なくなり平和になっているといえるが) 、銃すら握らない事が多い (ヘイヘの場合は顔面を怪我してしまっているが) 。

ヘイヘもそうだが、これほど人を殺めた人間たちは、戦後、穏やかな生活を送り天寿を全うする事がほとんどだ (アメリカのクリス・カイルは同胞に射殺されているが) 。

しかも、ほとんどの狙撃手が戦争の英雄として迎えられ、現在も尊敬の念を集めている事が多い。

もちろん戦争という有事で国の為に行った行為であり、彼らに殺意は微塵もなく殺人鬼とは全く違うが、個人的には人を散々殺しておいて英雄と呼ぶのは少し違う気がする。

「1人殺せば人殺しだが、数千人殺せば英雄だ」とはまさにそういう事なのだろうが。