image















アントン・ペテルソン (スウェーデン)
【1994 ~ 2015】



アントン・ニコラス・ランディン・ペテルソンは、1994年6月22日、スウェーデンで生まれた。


ペテルソンは成長するとアドルフ・ヒトラーやナチスドイツを信奉するソーシャルメディアサイトの極右過激派グループを頻繁に訪ねるようになる。

また、ペテルソンはスウェーデンへの移民阻止を掲げる Facebook のグループにも参加した。


ペテルソンは機械工学の技術を取得し、専門学校を卒業する。

元クラスメイトによると、ペテルソンは
「自分の世界に住んでいた孤独な人物」
であったという。

また、ロック等の影響で常に黒い服を着ていたと述べている。

その後、ペテルソンはトロルハタン・スタブルの近所のアパートに住んでいた。


2015年10月22日、ペテルソンはドイツ製のWw2ヘルメットと映画『スターウォーズ』のダース・ベイダーに似たマスクを装着し、トレンチコートに身を包み刀を武装してトロルハタンにあるクラウン学校に侵入する。

最初、その姿を見た生徒はハロウィンが近いという事もあり、仮装か何かのいたずらだと思った。

しかし、ペテルソンはまず教師助手のラヴィン・エスカンダー (20歳♀) に襲い掛かる。

刀で滅多刺しされたエスカンダーはその場で死亡した。

そして、ペテルソンはソマリア生まれの学生アフマド・ハッサン (15歳♂) の腹部を突き刺した。

ハッサンはすぐには死ななかったが、搬送先の病院で死亡した (この直後、いたずらだと思っていた学生2人が血が滴る刀を持ったペテルソンと記念撮影を撮っている) 。

その後、ペテルソンに数学教師のナジール・アムソ (42歳♂) がマスクを外すよう促すが、ペテルソンはアムソを刺した。

アムソは病院に搬送されるが、治療のかいなく数週間後 (12月3日) に死亡した。

午前10時16分頃、ペテルソンは通報を受けて駆けつけた警官に撃たれ、病院に搬送されるもまもなく死亡した。

結局、ペテルソンによる犠牲者は3人で、他に学生が1人負傷した。


翌日の23日、警察とメディアはペテルソンの犯行動機を
「人種差別による憎悪犯罪」
と発表した。

ペテルソンに非行歴はなく、政治組織の一員でもなかったが、移民に関する国民投票を開始する為のスウェーデン民主党の請願を支持していた。

スウェーデンは移民受け入れに寛容な国であり、その事をペテルソンは日頃から不満に感じていた。

また、ペテルソンはノルウェーの極右過激派の生存者で瞬間大量殺人世界記録保持者のアンネシュ・ブレイビク (現フィヨトルフ・ハンセン) が書いた本を好んで読み、また、ブレイビクの YouTube 映像も気に入って見ていた。

ペテルソンは移民について行わなければならない事を宣言している自筆のメモを自宅に書き残していたのだが、そこには事件を起こした後、生き残る事はないと記されており、ペテルソンは初めから死ぬ気であった事がわかった。

スウェーデンではこのような学校における事件は非常に珍しく、過去20年間では学校で1人射殺された事件のみであった。

また、1961年にクングエルブ学校で発生した事件以来の被害者数となり、当時、学校における歴代最多の被害者数となった。

事件を受けて首相のステファン・ロベーン (現在も在任中) は、すぐにトロルハタンへ向かい、この最悪の日を「暗い日」と呼んだ。

また、アンデシュ・イーゲマン内務大臣は
「トロルハタンの学校での事件をニュースで知り、怒りと悲しみに満ちている。私の考えは犠牲者とその家族に向かう」
と Twitter に書いた。

更にスウェーデン王室の王カール16世グスタフは、
「偉大な落胆と悲しみ」
と発表した。

同日、何人かの怪しい衣装や銃器を所持している人物が多数報告され、取り調べるとハロウィンを祝う為だった事がわかった。

その為、警察は誤解を避ける為、ハロウィンの衣装と模造銃器を持たないよう異例の警告を促した。

事件が起きたクラウン学校は11月2日まで閉鎖された。


2017年9月29日、事件に関する事をまとめた『Det som aldrig fick ske』というタイトルの本が出版された。

これは事件について書かれた初めての本であり、新たな真実について書かれていた。

それは警察はもちろんペテルソンの家族ですら知らない秘密の自殺メモが記載されており、ペテルソンの兄弟が事件について初めて話した内容も書かれていた。



《殺人数》
3人
(他負傷者1人)

《犯行期間》
2015年10月22日





∽ 総評 ∽

学校に侵入し、刀で3人を切り裂き殺害したペテルソン。

ペテルソンのように学校を襲撃するのはアメリカでは定番で、大概が銃によるものであり、このペテルソンのように刀で切るというのは非常に珍しい。

スウェーデンではこういった事件は非常に珍しく、前述した通り1961年以来でしかも3人で当時スウェーデン史上最悪の被害者数であった。

日本では2001年に宅間守が小学校を襲撃し、8人殺害しているが、それよりも遥かに少ない。

ペテルソンのような事件を起こす人間は、同じような精神状態に陥っている事が多く、事件を犯す人間としては典型的なパターンと言える。

ナチスドイツやヒトラーに憧れたり尊敬する異常者はこれまで何人も紹介しており、意外に多い。

ただ、その度にいつも思うのだが、ナチスドイツとヒトラーの一体何にそんなに魅力を感じるのだろうか?

私には到底理解出来ない。