image














ジョン・ゲイシー (アメリカ)
【1942 ~ 1994】



ジョン・ウェイン・ゲイシーは、1942年3月17日、アメリカ・イリノイ州シカゴにあるエッジウォーター病院で生まれた。

父親はジョン・スタンリー・ゲイシーといい、母親はマリオンといった。

スタンリーはポーランド系移民の子供であり、ゲイシーには姉がいた。

スタンリーは1人息子のゲイシーに期待を込める意味で、西部劇で人気を博した名優「ジョン・ウェイン」と同じ名前を付けた。

スタンリーは幼い頃から家がたいへん貧しく、その中で育った為、
「人には負けない。弱味を人に見せてはならない」
という性格となっており、それをゲイシーにも強いた。

また、スタンリーは脳腫瘍を患い、それは手術不可能な部位であった為、その影響で異常なまでの癇癪を発作的に起こした。

スタンリーは日常的に情緒不安定であり、喜怒哀楽が激しかった。

その為、ゲイシーはいつ怒り出すかわからないスタンリーの顔色を伺う生活を送った。


そんなゲイシーは生まれつき心臓肥大という病気に悩まされる。

ゲイシーは過激な運動を医師から止められ、しかもそんなゲイシーをスタンリーは見捨てた。

また、スタンリーは躾や礼儀作法に人一倍厳しく、ちょっとした失敗にも容赦なく、剃刀を磨く革砥でゲイシーを散々に打ちのめした。


ゲイシー2歳半の時、夕食を食べていると、突如、スタンリーがマリオンを殴った。

その暴行は過激さを増し、マリオンは血まみれになった。

マリオンはゲイシーと姉を連れ、隣人に助けを求めに行った。

スタンリーは日頃からゲイシーに対し、
「お前はクズで間抜けなバカだ。将来オカマになるだろう」
と侮蔑し、不適な笑みを浮かべて言い聞かせた。


ゲイシー4歳の時、スタンリーが修理していた車の部品をゲイシーがいじると、スタンリーは
「お前のせいで組み立てる順番を間違えたじゃないか!」
と怒鳴り殴った。

また、ゲイシーはこの頃、近所に住む精神遅滞のノルウェー人の年上の少女に性的な悪戯をされてしまう。

ゲイシーはこの出来事をマリオンに告げると、スタンリーにも知られ、
「この間抜けが。黙ってやられやがって」
と言って殴りつけた。


ゲイシー6歳の時、スタンリーのペンキ塗りを手伝ったが、まだらになったと怒鳴られ殴られた。

そして、ゲイシーはこの頃、おもちゃを万引きする。

マリオンはその事を知ると、ゲイシーにそれを返して謝罪してくるよう促す。

ゲイシーはマリオンに言われた通り、店に行き謝っておもちゃを返した。

家に戻ると、スタンリーが笑顔でゲイシーを迎え、
「泥棒は痛い目に遭うぞ」
といって笑いながらゲイシーを革砥で殴った。

だが、これ以降、ゲイシーは窃盗を繰り返すようになり、手口もバレないように巧妙になった。

ゲイシーとスタンリーとの関係は悪化の一途を辿り、この頃にはゲイシーは母親の下着を盗むようになっていた。

ゲイシーは父親の友人で一緒に遊んでくれる男性がいたのだが、その男性はゲイシーに
「レスリングをやろう」
といって股間をゲイシーの顔に押し当ててきた。

ゲイシーはそれが非常に嫌だったが、その後、必ずおもちゃを買ってくれたので我慢した。


ゲイシー11歳の時、スタンリーは毎年、2週間ほどかけて釣りに出かけるのが恒例行事であったのだが、この年初めてゲイシーを一緒に連れて行った。

だが、たまたま雨降りの日が続いた為、思ったように釣果が上がらなかった。

この事にイライラしていたスタンリーは、
「のろまなお前がいるせいで釣れない」
とゲイシーに厳しく当たった。

そして、ロッジに戻って酒を飲み酔うと、スタンリーは執拗にゲイシーを罵り怒鳴った。

結局、2週間の間、毎日スタンリーはゲイシーを怒鳴り続け、ゲイシーは泣きながら謝るしかなかった。

ゲイシーは心臓肥大だったので、日頃から健康への不安に悩まされていた。

その為、精神的なストレスを伴ってよく失神した。

その姿を見ると、スタンリーは
「オカマ」
と言ってバカにした。

この失神はその後も度々起こったが、病院に行っても原因がわからなかった (医師から「再発性の失神症」と診断されている) 。

ゲイシーの脳障害による発作は酷くなっていく一方で、往診に来た医師に襲い掛かり、拘束衣を着せられ病院に搬送される事もあった程であった。


結局、ゲイシーは14歳から18歳の間に1年以上の入院を余儀なくされ、高校も4つ変わり、普通高校にはいけず職業訓練校に通う事となった。


②に続く



* 追伸 *

ブログ開設3周年を記念して、今日から『キラー・クラウン』ことジョン・ゲイシーを数日に渡って掲載していきたいと思います。

ピエロという元々不気味だった存在を凶悪な存在に押し上げたその影響は計り知れません。

見知った内容だとは思いますが、お付き合い頂けると幸いです。