image











ディオゴ・アルヴェス (ポルトガル)
【1810 ~ 1841】



ディオゴ・アルヴェスは、1810年、スペイン・ガルシア州で生まれた。


アルヴェスは若くしてポルトガルの首都リスボンに移住し、そこで青春時代を過ごした。

この当時、リスボンに行く事は珍しい事ではなく、出稼ぎで多くのガルシア住民がリスボンへ向かった。

アルヴェスは裕福な家に仕えようと考えるが、地道に働く事が性に合わず、すぐに強盗を始める。


1836年、アルヴェスは金品を奪うと殺害し、地元のアルカンタラ谷にかかるアグアス・リブレス水道橋 (全長約1km、最大65mの高さにもなるイベリア半島最大規模の水道橋) に死体を投げ捨てるようになる。

アルヴェスは農民たちが農作物を町で売ってお金を得ている事を知っており、アルヴェスは夕方、農民らが帰宅するのを待ち伏せし、家に帰って来た所を押し入り殺害した。

そして、金目の物を奪い、死体を水道橋まで運んで欄干から投げ捨てた。

アルヴェスは橋から投げ捨てる事で自殺に見せ掛けたのだった。


こうしてアルヴェスは1839年のわずか3年足らずで実に70人以上を殺害した。

これほど殺害されたにもかかわらずアルヴェスがなかなか捕まらなかったのは、当時、アルヴェスが標的とした農民たちは貧困の下層階級に属しており、警察も自殺する事をそれほど珍しいと考えていなかった。

だが、アルヴェスは標的を貧困層の農民から比較的裕福な富裕層に変更する。

その後、アルヴェスは富裕層の邸宅を窃盗団と結託して襲撃するようになる。

そして、医師の邸宅に押し入り、医師とその家族を皆殺しにした事件がきっかけとなり、警察は本格的に捜査を始め、アルヴェスを逮捕した。

逮捕されたアルヴェスは、これまで70人以上を殺害した事を自白した。


1841年2月19日、アルヴェスは絞首刑による死刑が執行された。

アルヴェスはポルトガルにおける最初の連続殺人鬼にして最後に処刑された死刑囚とされる。

だが、ポルトガルが死刑を廃止したのは1867年であり、しかも、1842年から1845年の間に少なくとも6人が絞首刑となっていた。

また、ポルトガルの連続殺人鬼と言えば、コインブラ在住のルイーザ・デ・ジーザスという女性が捨て子の新生児を28人殺害して1772年に絞首刑となっており、アルヴェスは最初の連続殺人鬼でも最後に処刑された死刑囚でもなかった。


このアルヴェスの波乱に満ちた生涯は小説化され、1911年に『ディオゴ・アルヴェスの犯罪』というタイトルでポルトガル初のサイレント映画になっている。

アルヴェスは首を切断され、その頭部はホルマリン漬けにされ、現在もリスボン大学の医学部に綺麗な状態で保存されている。

そもそも、アルヴェスの頭部が保存された理由は、丁度この頃、ポルトガルでは骨相学 (様々な精神的特徴は脳の特定の領域に起因しており、脳と頭蓋骨の形状に関連性があるという学説。その為、頭蓋骨の形状を調べれば、その人物の性格や資質を知る事が出来ると考えられていた。1700年代にドイツの医師フランツ・ヨーゼフ・ガルが発展させ、当時はそれなりに認知されていたが、現在では何の根拠もない科学とされている) が生まれつつあった。

犯罪という特異な傾向が、頭蓋骨を直接触り測ればわかると考えられていた為、連続殺人鬼として悪名高いアルヴェスの頭部が保存される事となったのだった。

研究者たちはアルヴェスの頭部を残し、後世の為に研究を行うはずであったが、実際、研究を行った様子はなかった。


最後に逮捕され、犯罪について問われた際のアルヴェスの発言で終わりたいと思います。

「1度だけ赤ん坊を黙らせる為に手をかけた事があった。俺に殺される前、赤ん坊は俺に笑いかけたんだ。殺してから自責の念にかられたね」



《殺人数》
70人以上


《犯行期間》
1836年~1839年




∽ 総評 ∽

わずか3年足らずで70人以上を殺害したとされるアルヴェス。

アルヴェスが犯行を行ったのは今から170年以上も昔であり、正直、殺害数や犯行の様子について正確な情報はかなり怪しい。

アルヴェスが何故、これほどの異常性を備えたのかわからないが、時はヨーロッパ全土を席巻した『ナポレオン戦争』が終わって間もない混沌とした時代であり、その影響は多少なりともあったであろう。

アルヴェスは標的を貧困層の農民から富裕層に変更した為、逮捕に至ったのだが、恐らく貧困層からは実入りが少なかったから変更したと思われる。

その動機は身勝手極まりないが、捕まった事を考えればそのまま貧困層を相手にするより良かったとは思う。

余談だが、アルヴェスのホルマリン漬けされた頭部は、展示され一般公開されており、現在誰でも見る事が出来る。

写真の表情を見てわかる通り、その保存状態は170年以上経った現在でも良好で、まるで作り物かと思わせる程である。

その眼光は何とも言えず、目を見開いて今にも喋り出しそうな雰囲気である。

もし、ポルトガルに旅行に行く事があれば、その際は個人的にも見てきたいと思う。


* 追伸 *

以前、ナナシンさんからリクエストと頂き掲載致しました。

古い時代という事もありますが、教えて頂くまで知らなかった人物なので、個人的にも勉強になって良かったと思います。