image












チャールズ・ブラウンロー (アメリカ)
【1977 ~ 】



チャールズ・エヴェレット・ブラウンローは、4歳の時、父親が目の前で自身の頭を撃って自殺する様子を目撃する。

この出来事が幼いブラウンローに大変なショックを与える。


1996年、ブラウンローは銃器の不法所持や家庭内暴力等で逮捕される。

起訴されたブラウンローは有罪判決を受け、刑務所に収監された。


2002年、ブラウンローは白色のフォード・フォーカスを盗んだが、この車は後の犯罪に利用された。


2011年、ブラウンローは3年間の刑期を終え (何の罪で逮捕されていたのかは不明) 、刑務所から出所する。


2013年10月28日、アメリカ・テキサス州テレルの自宅で、ブラウンローは母親マリー (61歳) を殺害する。

そして、マリーの死体に火を放ち燃やした。

その後、テイラー・ストリートにある叔母ベリンダ・ヤング・ウォーカー (55歳) の自宅に向かう。

そこで、ブラウンローはウォーカー撃って射殺した。

続いてブラウンローはエラリア・ストリートに向かい、そこで、ケリー・ライネット・プラット・スルダー (30歳♀) とジェイソン・ミッチェル・ウッデン (♂) をケリーの自宅で殺害する。

この時、スルダーには3歳の子供がいたが、子供は無事であった。

ブラウンローはウォーカー殺害後、スルダーとウッデンを殺害する間に、何度か発砲しており、警察に電話が入っている (怪我人はいなかった) 。

最後にブラウンローは『Ali's Market』に向かい、そこで店員のルイス・ジェラルド・レアル=カリーロ (22歳♂) を殺害した。

この時、店から逃走するブラウンローの白いフォード・フォーカスを目撃した人物がいた。

この頃には警察は、一連の発砲事件の捜査を進めており、通報を受けたブラウンローの白いフォード・フォーカスを見つける。

警察が車でブラウンローを追い詰めると、ブラウンローは車を放棄して逃走した。

ブラウンローは川の近くで隠れたが、逃走中に銃のホルスターを落としており、あっさり逮捕された。

逮捕された時、日付は29日にかわっていた。


裁判が開かれると、ブラウンローは自身がこのような凶行に及んだのは父親のせいだと供述し、父親の事を責めた。


2016年4月28日、ブラウンローは殺人罪で有罪判決が下され、死刑が言い渡された。



《殺人数》
5人


《犯行期間》
2013年10月28日




∽ 総評 ∽

自身の母親を含む5人を殺害したブラウンロー。

ブラウンローは母親殺害後、近隣の人間を標的としており、典型的なスプリー・キラーと呼べる。

ただ、ブラウンローが少し異質なのは、母親はわかるが、他の標的を選んだ理由だ。

スプリー・キラーは基本的に無差別に目につくものを殺害する場合が多い為、不思議な事はないのだが、ブラウンローは何故かわざわざ叔母を殺害している。

ブラウンローは裁判で父親の事を恨んでいると述べたが、酷い光景を見させられ、その時のショックで精神に異常をきたしたと言いたかったのであろう。

確かに父親が目の前で銃で自殺するという光景は幼い子供にとって大変な出来事であり、恨むのもわからないでもない。

ただ、だからといって殺人を犯していいという事にはもちろんならない。