image













デイヴィッド・ウェスターフィールド (アメリカ)
【1952 ~ 】



2002年2月1日、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで、ダニエル・ヴァン・ダム (1994年9月22日生まれ7歳♀) は、母親のブレンダとバー『Dad's』に向かった。

ダニエルの父デイモンは、ダニエルの2人の兄弟の子守りをする為、家にいた。

午後10時半頃、ダニエルは帰宅し、デイモンはダニエルを寝かしつけた。

ダニエルが眠ると、デイモンも睡眠についた。

日が変わった2日の午前2時、ブレンダが友人4人と家に帰って来た。

ブレンダが家に帰って来た時、自宅のセキュリティ警報システムのランプが点灯していた。

そして、ブレンダはガレージのサイドドアが開いている事に気付くが、この時は特に気に留めなかった。

友人達が帰った後、ブレンダは30分ほど家の中を調べるが、特に変わった様子もなく、ブレンダは眠りについた。

1時間後、デイモンが目を覚ますと、デイモンは警報灯が点滅している事を目にする。

そして、デイモンは裏庭に通じているスライドガラスのドアが開いている事に気付きドアを閉めた。

朝、夫妻はダニエルが居ない事に気付く。

夫妻は家の中を必死に捜したが、ダニエルを見つける事は出来なかった。

夫妻は午前9時39分に警察に通報した。

事件が公になると、全米がダニエルの行方に注目する事となり、数百人ものボランティアが集まり、ダニエル捜索を開始した。


その後、数週間に渡り、大規模な捜索が続き、砂漠や高速道路周辺等、多くの場所が調べられた。

このダニエルの捜索はカリフォルニア州史上最大の捜索となった。


同年2月22日、1人の男性が逮捕される。

その男性はデイヴィッド・ウェスターフィールドという49歳の自営業の男性であった。

ウェスターフィールド (1952年2月25日生まれ) は医療機器に関するいくつもの特許を所有するエンジニアでもあった。

ウェスターフィールドには犯罪歴はなかったが、離婚歴があり、2人の大学生の子供がいた。

ウェスターフィールドは2軒の家を持ち、高級モーターホーム (バスの中に住宅を組み込んだような移動式住宅) を所有していた。

警察はそのモーターホームを調べた所、いくつかの血痕を見つける。

そして、その血痕がダニエルのものだと判明する。


同年2月27日、サンディエゴ郊外でダニエルの死体が発見された。

ダニエルの死体は全裸でありバラバラに分解され、死体は部分的であった。

死体発見当初はダニエルの死体だとはわからず、歯科記録から辿ってやっとダニエルと判明するほど、死体の損壊が激しかった。

だが、検死を行うも強姦されていたかどうかはわからなかった。

実はウェスターフィールドはダニエルが行方不明となる3日前にダニエルとブレンダに会っており、ウェスターフィールドが2人にクッキーの売り込みを行っていた。

その為、ウェスターフィールドとダニエルは顔見知りである事がわかった。

逮捕されたウェスターフィールドだったが、無罪を主張した。


同年6月4日、裁判が開かれると、ウェスターフィールドの弁護士は、ウェスターフィールドに行われた尋問が不当であったと主張した。

弁護士はウェスターフィールドに対し、食べ物も与えずシャワーも浴びせずに9時間以上に渡って尋問を行ったと主張する。

弁護士はウェスターフィールドを尋問した警察官の証人としての出廷を望んだが、結局、取り調べを行った警察官2人は出廷しなかった。

また、ウェスターフィールドの弁護士は警察が世論に促され、事件解決を急いでいた事を示唆し、他の容疑者を検討する事をしなかったと述べた。

更に、弁護士はウェスターフィールドのパソコンに児童ポルノの画像がいくつも見つかった問題について、それは当時18歳だった息子ニールがダウンロードしたものだと述べた (しかし、ニールは後にその事を否定している) 。

しかし、検察は数々の物的証拠を提示し、犯人がウェスターフィールドであると示していると主張した。


同年8月21日、ウェスターフィールドは第一級謀殺と誘拐等で有罪判決となり、死刑が言い渡された。


最後に判決後、インタビューに答えたウェスターフィールドの言葉で終わりたいと思います。

「私は自殺したい。ここに数分間銃を置いて下さい」



《殺人数》
1人


《犯行期間》
2002年2月1日




∽ 総評 ∽

わずか7歳の少女を誘拐し、殺害したとされるウェスターフィールド。

ウェスターフィールドのように少女や幼児の子供を好む者をペドフィリアというが、殺人鬼にはかなり多い。

また、ペドフィリアはほぼ確実に強姦がつきもので、ダニエルは検死の結果、強姦されていたのかどうか判明しなかったが、全裸であった事もあり、まず強姦されたと思って間違いないだろう。

強姦殺人はそれ自体が非情で救いようがないが、このウェスターフィールドのように子供を標的とするのは特に残酷と言える。

アメリカでは『メーガン法』というのが存在する為、強姦犯罪者はどこに住んでいるか居場所がわかるが、このウェスターフィールドのように前科がない場合、それはもうどうしようもない。

ウェスターフィールドは無実を主張していたが、確かに強姦した形跡がないのであれば、DNA鑑定による犯人の結びつけは出来ない。

ただ、ウェスターフィールドの所有するモーターホームからダニエルの血痕が見つかっており、言い訳のしようがない。

仮に誰かがダニエルを連れ去り、モーターホームに侵入したのだとしても、証拠がないのでどうしようもない。

ウェスターフィールドは前科もなく、普通に考えれば証拠もない為容疑者になり得ないような人物であるが、容疑者にされているというのはそれなりの根拠があっての事だと思う。