image















モンロー・ヒクソン (アメリカ)
【1909 ~ 1967】



モンロー・ヒクソンは、1909年、アメリカ・サウスカロライナ州で生まれた。


1931年、ヒクソンは殺害目的での暴行罪で逮捕され有罪判決を受け、1933年、ヒクソンは懲役5年が言い渡された。


1942年、ヒクソンは窃盗で逮捕され、懲役1年6ヶ月が言い渡された。


1946年4月17日、ヒクソンはサウスカロライナ州エイキンで、とある店舗に侵入し、店主のデイヴィッド・ギャレット (♂) を斧で殺害する。

そして、22ドル (当時のルートで約7万9000円) と銃を奪って逃走した。


同年4月28日、ヒクソンはエイキンにある食料品店で、エドワード・べネット夫妻をギャレットから盗んだ銃で撃って射殺した。


同年9月28日、ヒクソンはエイキンで、アニー・ワイズバーグ (♀) の家に侵入し、ワイズバーグを薪で滅多打ちにして殺害する。

その後、5ドル (約1万8000円) を盗んで逃走した。


同年12月4日、ヒクソンはエイキンにある酒屋に侵入し、店の従業員クリスティーン・クラキス (♀) を襲撃する。

ヒクソンはクラキスを煉瓦で殴りつけるが、クラキスは逃走して助かった。

ヒクソンは7ドル (約2万5000円) を奪って逃走した。


1951年、ヒクソンはサウスカロライナ州ニューオランダで強盗を行い、逮捕されたヒクソンは懲役20年が言い渡された。


しかし、ヒクソンは刑務所で模範囚として過ごした為、1957年4月に釈放された。

ヒクソンはサウスカロライナ州で行った一連の凶悪な強盗事件の数々により『Blue Boy (青い少年) 』と呼ばれた。


同年8月7日、ヒクソンはサウスカロライナ州グラニットヴィルで、ルーシー・パーカーが営む乾物店に侵入し、現金を盗んで逃走した。

逃走する際、ヒクソンはパーカーを殴った。


翌日の8日、ヒクソンは逮捕された。

逮捕されたヒクソンは、エイキンで発生した一連の未解決強盗殺人事件の犯人である事が判明する。


同年、裁判でヒクソンは電気椅子による死刑が言い渡されたが、ヒクソンが控訴した為、最終的には終身刑と懲役20年となった。


1966年3月10日、ヒクソンは収監されていたサウスカロライナ州コロンビアの刑務所から脱獄を図った。


これにより1967年2月17日、ヒクソンはFBIから『Ten Most Wanted (10大最重要指名手配犯) 』の1人に指定された。

この時点ではFBIはヒクソンの事を何も知らなかった。

その為、ヒクソン捜索が少し手間取ったが、捜査を進めると、ヒクソンがすでに死んでいた事が判明する。

ヒクソンはウィリー・タイラーという偽名でノースカロライナ州ニューバーンに潜伏していたのだが、同年12月初旬、病気に侵され、ニュー・ベルン病院で29日に死亡した。


1968年1月30日、FBIはヒクソンの死体を回収し、指紋を調べた所、ヒクソンだと断定された。



《殺人数》
4人 (強盗他犯罪多数)


《犯行期間》
1946年4月17日~同年9月28日




∽ 総評 ∽

『Blue Boy』と呼ばれ、強盗目的で4人殺害したヒクソン。

ヒクソンは生粋の犯罪者で、刑務所に入った後も脱獄し、そのまま死亡した。

ヒクソンの犯行は約半年の間で集中的に行われており、ヒクソンはどちらかというとスプリー・キラーと呼べるだろう。

ただ、ヒクソンは1度刑務所に収監され、模範囚だった為、早めの出所となった。

懲役20年がたかだか模範囚という事でわずか6年で出所し、その後、再び犯罪を犯して逮捕された。

いつも思うが、この司法のあり方はなんとかならないものかと思う (ただし、ヒクソンが刑期を短縮されて出た後は記録上殺人は行っていない) 。