image













デラムズ・コルヴィン (アメリカ)
【1959 ~ 】



デラムズ・コルヴィンは、1959年8月3日、アメリカで生まれた。


コルヴィンは長距離トラックドライバーとして働いていた。


1987年9月15日、コルヴィンはアメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティの駐車場で、ドナ・リー・ホワイト (27歳♀) を殺害する。

ホワイトは売春婦で薬物中毒者であった。

コルヴィンはホワイトを車に乗せると自宅に向かった。

家に着いたコルヴィンとホワイトは、ドラッグで気分を高揚させると、コルヴィンはホワイトを強姦する。

そして、ホワイトの首を絞めて殺害した。

その後、コルヴィンはホワイトの死体を毛布に包み、車のトランクに積むと車を走らせ死体を捨てた。

ホワイトの死体を捨てる際、コルヴィンはホワイトの頭の上にホワイトの鞄を置いた。

ホワイトの死体はすぐに発見され、腕に注射器の痕があった事から売春婦が急性の薬物中毒によって死亡した事件として処理された。


2000年1月6日、ヴァレリー・ジョーンズ (38歳♀) の死体が発見される。

ジョーンズは首を絞められた事による窒息死であり薬物中毒の売春婦であった。

ジョーンズの死体は毛布に包まれて捨てられていた。


同年9月2日、ジャクリーン・トーマス (42歳♀) が死体で発見される。

トーマスも薬物中毒の売春婦であり、死因は首を絞められた事による窒息死であった。

トーマスもジョーンズ同様、毛布に死体が包まれていた。


2002年4月8日、リリー・サマーズ (43歳♀) が死体で発見される。

サマーズも薬物中毒の売春婦であり、首を絞められて殺害された。

死体はこれまで同様、毛布に包まれていた。


2003年4月23日、ジャッキー・シンプソン (33歳♀) が死体で発見される。

シンプソンも薬物中毒の売春婦であり、首を絞められ殺害された。

死体は同じく毛布に包まれ捨てられていた。


2005年5月9日、メリッサ・ウェーバー (37歳♀) の死体で発見される。

ウェーバーも薬物中毒の売春婦であり、死因は窒息死であった。

ウェーバーの死体も毛布に包まれていたのだが、ウェーバーの死体は所々分解されていた。


そして、同年11月20日、コルヴィンは逮捕された。

コルヴィンはホワイト殺害で逮捕されたのだが、ジョーンズら5人の売春婦殺害を認めた。

コルヴィンは売春婦達をドラッグで誘き寄せ、強姦して首を絞めて殺害したと述べた。

肝心のコルヴィンの殺害動機だが、コルヴィンは売春婦を嫌っており、その為、殺害したと語った。

警察はコルヴィンを1888年に最低5人を殺害し、捕まらなかった伝説の未解決事件『Jack the Rippe』と酷似していると後に供述している。


2006年10月2日、コルヴィンには仮釈放の可能性がない2つの終身刑が言い渡された。



《殺人数》
6人


《犯行期間》
1987年9月15日~2005年5月9日




∽ 総評 ∽

売春婦を嫌い6人を殺害したコルヴィン。

コルヴィンの幼少の詳細がない為、何故これ程の異常性が備わったかわからない。

また、コルヴィンは1987年に初めての殺人を行ってから次の殺人を行う2000年まで実に13年の開きがある。

通常、殺人の開きがある場合、その間、他の罪で刑務所に入っていたりするものだが、コルヴィンは詳細がないがそうではないような気がする。

コルヴィンは長距離トラックドライバーだったが、トラックドライバーというのは有名な『ハッピー・フェイス・キラー』ことキース・ジェスパーソンや、ジョン・フォーテンベリーなど意外に多い。

しかも、長距離トラックドライバーは、全米を何州に渡ってまたにかけ、各州で犯行を重ねる為、同一犯によるものだと判断されない傾向にある (コルヴィンは同じ場所周辺で行っていたが) 。

コルヴィンの殺害理由は、本人が言うには売春婦を嫌っていたかららしいが、そもそもコルヴィンが売春婦を嫌っていた理由がわからない。

売春婦を嫌う場合、母親が売春婦だったとか彼女が元売春婦だったとか何らかの理由が存在するものだが、コルヴィンが何だったのかはわからない。

ただ、そんな嫌っている売春婦に対してコルヴィンは強姦しており、やる事はきっちりやっている。

結局、コルヴィンの憎しみというのはたいした事ではなく、自身の欲求を満たしているに過ぎないただの異常者である。