image



















ジェーン・エリオット (アメリカ)
【1933 ~ 】



ジェーン・エリオットは、1933年5月27日、アメリカ・アイオワ州ライスヴィルで生まれた。

エリオットの家は農家で、父親はアイルランド系アメリカ人であった。

エリオットは5人兄妹であり、エリオットは4番目の子であった。


エリオットはノーザン・アイオワ大学に入学し、教育の学位を取得する。

大学を卒業後、小学校の教員となったエリオットは、地元アイオワ州ライスヴィルの小学校に赴任した。


1968年4月4日、黒人の権利を訴えていた公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師が暗殺される事件が起こる。

この出来事に怒りと悲しみを感じたエリオットは、その後、黒人指導者に対する無神経な質問をする白人のTV解説者に激怒し、人種差別がいかに愚かな事かを自身の学校の生徒へ伝えようと考える。

この時、エリオットは小学3年の担任教師であったが、子供たちから差別問題から守る為、子供たちに了承を得た上で、独創的な授業を始める。

エリオットはクラスの生徒達を青い目と茶色い目の2つのグループに分類し、

「青い目は良い子です。だから5分余計遊んでも良いです。茶色い目の子はダメな子たちなので、水飲み場を使ってはダメです」

と話し、青い目の子は優れ、茶色い目の劣っていると決めて1日過ごさせた。

そして、翌日には今度は逆の立場にして過ごさせた。

エリオットは差別する事、差別される事の厳しさを子供たちに伝えたかったのだが、内容を理解して行っているにもかかわらず、実験が始まると子供たちの態度に明らかな変化が生じた。

実際、子供たちは差別に対する考え方が変わったのだが、それとは別に優れているとされた側の子供たちが皆、無条件に優越感を抱き、劣っているとされた生徒達を見下すような態度を取り始めたのだった。

また、この実験授業は2日間行われたのだが、授業が行われる2週間前と授業が行われた2日間、そして、授業後の2週間後に国語と算数のテストを行った所、優れているとされた時の成績が最高を示し、劣っているとされた時が最低を示した。

この授業の様子はカメラで撮影されており、ドキュメンタリーとしてテレビで放送され、物議を醸した。


その後、エリオットは教員を退職し、人種差別に対する犯罪が無くなる事を願い、全米各地を渡り刑務所や企業で講演を開き、この実験を何度も試みていた。

この授業の様子はABCテレビで放送され、現在でも『A CLASS DIVIDED (クラス分割) 』としてDVD等で視聴可能である。



∽ 総評 ∽

差別への反抗から特別な授業を行ったエリオット。

実験に参加した子供たちは小学3年生という事で、まだ、9歳の幼い少年少女であった。

そんな子供たちがわずか2日間の実験で、優劣を植え付けられる事で人格まで変化してしまう事態となった。

エリオットは目の色でクラスを分ける事で、いかに差別が愚かで情けない行為かを知ってもらいたかったのだろうが、真意とは別に人間の真理が如実に現れる結果となった。

人間というのは根底では相手を見下し、上だと感じたいと願う生き物である事が証明された。

ただ、おそらく成績の変化は想定外であったであろうが、人間は自身が優秀だと言われた方が自己暗示のようなものなのか成績も自然と上がってしまうのであろう。

エリオットは科学者でも何でもないただのいち教師だが、それほど難しくはないちょっとした実験で、こうもあっさり人間の心理をつく事になった。

まだ幼い子供という事もあるが、このままもし続けたらもっと酷い結果になった可能性もあり、本当に恐ろしい限りである。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ー
・異常性 ー
・特異性 ー
・殺人数 ー

《実験期間:1968年4月5日~同年4月6日》