image














ホルヘ・サグレード (チリ)
【1955 ~1985】



image














カルロス・トップ (チリ)
【1950 ~ 1985】



ホルヘ・ホセ・サグレード・ピサロは、1955年8月22日、カルロス・アルバート・トップ・コリンズは、1950年1月25日、チリのビニャ・デル・マールでそれぞれ生まれた。


1980年8月5日、エル・オリバルの交差点の道路で、エンリケ・ガハルド・カサーレス (♂) の変死体が発見される。


同年11月12日、サグレードとトップは、ルイーザ・フェルナンダ・ボーレ・バッソ (♀) を強姦する。

その後、バッソの友人アルフレッド・サンチェス・ムニョス (♂) を殺害する。


1981年2月28日、サグレードとトップは、バルパライソ州マルガ・マルガ県で、 フェルナンド・ラグナス・アルファロ (♂) とデリア・ゴンザレス・アパブラサ (♀) を殺害する。


同年5月25日、エル・カミノ・トケイソウで、ルイス・モラレス・アルバレス (♂) が殺害される。


翌日の26日、サグレードとトップは、レニャカでマルガリータ・サンティバニェス・イバセタ (♀) を強姦する。

その後、マルガリータの友人のホルヘ・イノストローザ・レテリエル (♂) を殺害した。


同年7月28日、ビニャ・デル・マール国立植物園で、ラウル・アエド・レオン (♂) の死体が発見される。


同日、サグレードとトップは、アナ・マリア・リベロス・コントレラス (♀) を強姦する。

その後、コントレラスの友人オスカー・ノゲラ・イノストローザ (♂) を殺害する。


同年11月1日、ハイメ・ベンチュラ・コルドバ (♂) が、オマキザル橋の下で死体で発見される。


この連続殺人事件はチリ全土を震撼させ、犯人は『Psicópatas de Viña del Mar (ビニャ・デル・マールのサイコパス) 』と呼ばれた。

チリ政府は警察長官ネルソン・リロー率いる大規模な捜査隊を結成し、捜査にあたらせた。

そして、捜査の末、サグレードとトップは逮捕された。


1982年3月8日、サグレードとトップの裁判が始まり、同年3月13日、2人には有罪判決が下された。


1983年1月8日、サグレードとトップには死刑が言い渡された。


1985年1月29日、サグレードとトップの死刑が執行された。

サグレードが29歳、トップが35歳であった。

警察はこのサグレードとトップの犯罪を、長い歴史の中で最も記憶に残る事件とされた。

余談だが、両者の死刑が執行されて以降、チリでは長らく死刑が執行される事はなく、チリは2001年に死刑を廃止した為 (しかし、あくまでも通常の犯罪のみで死刑が廃止されただけで、軍法下の犯罪や特異な状況における犯罪のような例外的な犯罪に対しては法律で死刑を規定している) 、現在、サグレードとトップは最後に死刑が執行された犯罪者としてチリの歴史にその名を刻んだ。



∽ 総評 ∽

最低でも9人を殺害したサグレードとトップ。

南米はこれまで何人も紹介しているが、大量殺人鬼が多く、異常な事件が多い。

その中でもチリやアルゼンチンといった国は比較的少ない方ではあり、チリのシリアルキラーを今回初めて掲載したが、私がただ知らないだけかもしれないが、チリにはそれほど異常な殺人鬼が少ない。

2人がどのように知り合い、どのような経緯で犯罪を行うようになったのかわからず、チリという国柄なのか詳細が伝わっていない。

2人の犯行を見ると、女性を強姦した後、強姦した相手の友人を殺害するというパターンが多いが、書いていて不思議であり、一体どのような経緯で行われたのかよくわからない。

もともと2人組を襲っているのか、女性を強姦した後に脅して友人を呼ばせたのかよくわからない。

しかも、記事を調べていた限り、強姦された女性は何故か殺されておらず、それが不思議でならない。

ただ、どちらにせよ鬼畜に変わりはないが。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★☆☆☆
・残虐度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・殺人数 9人

《犯行期間:1980年8月5日~1981年11月1日》