image


















エリック・ルドルフ (アメリカ)
【1966 ~ 】



エリック・ロバーツ・ルドルフは、1966年9月19日、アメリカ・フロリダ州メリット島で生まれた。


1981年、ルドルフの父ロバートが亡くなり、一家 (母兄弟姉妹) はノースカロライナ州マコン郡西部のナンタハラに移動した。

ルドルフは地元の中学に進学するが、脱落してしまい、兄ダニエルと共に大工として働き始めた。


ルドルフ18歳の時、母親と共にミズーリ州のイスラエルの教会に通い一緒の時間を過ごした。

その後、ルドルフはGED (アメリカにおける5教科の試験に合格し、高校を修了した者と同等以上の学力を有することを証明するための試験) を受けた後、アメリカ軍に入隊し、ジョージア州フォートベニングで基礎訓練を受けた。


1989年1月、ルドルフはケンタッキー州キャンベルの第101空挺師団に配属されるが、この頃、ルドルフは精神的に追い詰められマリファナに手を染める。

その後、ルドルフは軍を除隊した。


1996年7月27日、ジョージア州アトランタにあるオリンピック公園の屋外コンサート会場で爆破事件が発生する。

実は同地では19日からオリンピックが開催されていた (アトランタオリンピックはオリンピック開催100周年という記念すべき大会であった) 。

この爆破による死者は見物人のアリス・ホーソン (♀) 、トルコ人のカメラマンは爆破の衝撃による心臓発作により死亡した。

負傷者は111人というオリンピックにおける事件としてはミュンヘンオリンピック事件以来の大惨事となった。

事件当初は犯人は爆弾の第一発見者である警備員とされたが、FBIが元アメリカ陸軍に所属し、爆弾に精通していたキリスト教原理主義者のルドルフを犯人とし、指名手配した。

ルドルフは犯行後に声明を発表しており、それは妊娠中絶に対する怒りと憎しみ、また、同性愛者に対しても怒りを露にした内容であった。


1997年1月16日、ルドルフはジョージア州サンディスプリングスにある中絶クリニックを爆破した。

しかし、この爆破による負傷者は幸い誰もいなかった。


同年2月21日、ルドルフはアトランタにあるアザーサイド・ラウンジを爆破する。

ここはレズビアン・バーとして有名な場所であり、この時も多くのレズビアンが訪れていた。

この爆破により5人が負傷したが、死者はいなかった。


1998年1月29日、ルドルフはアラバマ州バーミンガムにある中絶クリニックを爆破する。

ルドルフはダイナマイトの中に釘を入れて殺傷能力を飛躍的に高めており、この爆破により警備員のロバート・サンダーソンが死亡し、看護師のエミリー・ライアンズが負傷した。


1998年5月5日、逃走しているルドルフに対し、FBIはルドルフを『Ten Most Wanted (10大最重要指名手配犯) 』のリストに加えた (ルドルフは454人目であった) 。

また、FBIはルドルフが無差別の爆弾魔として非常に危険な存在だとし、逮捕に直接つながる情報提供者には100万ドル (約1億3000万円) の報酬を支払うと大々的に発表した。

しかし、少なからずルドルフの爆破に対する称賛する声が聞こえ、ルドルフ信者が多く現れた。

そして、そんな信者達はルドルフの逃亡を支持していた。

ルドルフの家族は逃亡するルドルフが無罪だと信じ、ルドルフが頼ってきた際は全力で支えると公言した。

その為、ルドルフの家族は厳しい尋問を受け、監視下に置かれた。


2003年5月31日、ルドルフはノースカロライナ州マーフィーで逮捕される。

逮捕された際、ルドルフは武装しておらず、一切の抵抗をみせずに大人しく捕まった。

また、ルドルフは迷彩のジャケットに作業服、新しいスニーカーを履き、髭は綺麗に剃られていた。


2005年4月8日、ルドルフは死刑を回避する司法取引に応じ、全ての罪状を認めた。

ルドルフの犯行動機は、中絶反対と同性愛に対する嫌悪であり、中絶行為を殺人だと考えていた。

また、ルドルフは中絶を「腐った物質主義と自己耽溺の饗宴の産物」であるとし、中絶を認めるアメリカ政府は正当性を失ったと主張した。


同年7月18日、ルドルフには仮釈放の可能性がない4つの終身刑が言い渡された。


最後にルドルフが言った言葉で終わりたいと思います。

「私はカトリックとして生まれた。そして、許されて死ぬ事を望みます」



∽ 総評 ∽

中絶を行うクリニックや同性愛者が集う場所を爆破したルドルフ。

ルドルフは爆弾による犯行に及んだが、爆弾魔と言えば『ユナボマー』ことセオドア・カジンスキーや、先日掲載した『The Austrian Unabomber』ことフランツ・フックスがいる。

爆弾魔というのはこのルドルフもそうだが、シリアルキラーの中でかなり特殊な部類で、その思考や動機がどちらかというとスプリー・キラーに近い。

ルドルフは中絶や同性愛を嫌悪して犯行に及んだが、そもそも何故、嫌悪したのかわからない。

どこかにきっかけがあると思われるが、記載されている記述を読んでみた限り詳細がない為わからない。

ルドルフの犯行動機は一部の人間たちの支持を得たが、同性愛と中絶を許せないと思う人は他にも沢山いると思うので、支持する人間が出て来るのは致し方ないかもしれない。

ただ、だからと言って自分自身で手を下さず事はせず、犯人を支持するというのは無責任過ぎる。

爆弾魔は動機も身勝手過ぎる上、被害が甚大になる事が多く、また、突然の出来事で対処のしようもないので、ある意味最もたちの悪い殺人鬼と言えるだろう。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★★★☆☆☆
・殺人数 3人
(負傷者116人以上)
《犯行期間:1996年7月27日~1998年1月29日》