image















メサック・ダマス (アメリカ)
【1976 ~ 】



2009年9月18日、アメリカ・フロリダ州ナポリで事件が起こる。

ハイチ系アメリカ人、メサック・ダマスの家でメサックの妻ゲリン (32歳) の死体が階下のバスルームで発見される。

メサックとゲリンには5人の子供、ミザック (9歳♂) 、マーヴィン (6歳♂) 、メイヴェン (5歳♂) 、ミーガン (3歳♀) 、モーガン (11ヶ月♂) がいたのだが、5人の子供たちは2階にある2つの寝室で死体で発見された。

地元の警察はその様子に
「今まで見た事のない恐ろしい事件」
と話し、北ナポリ地域の歴史上、最悪の事件と説明した。

警察は唯一死体が発見されなかった父親のメサックの行方を捜した。

すると、メサックは家族の死体が発見された前日の17日にマイアミ国際空港から飛行機でハイチへ高飛びしていた事が判明する。


同年9月22日、アメリカ政府はハイチ政府にメサックの身柄引き渡しを要求し、アメリカの警察がハイチへ赴きハイチの首都ポルトープランスでメサックを逮捕した。

メサックはハイチで事件の事を追及され、殺害した事を自白した。

メサックはゲリンと結婚して10年が経過していたのだが、家族は非常に仲が良く、何の問題もなかった。

その為、肝心の殺害動機についてだが、メサックが語らない為、わからなかった。

ただ、報道記者には彼らが天国に行きたいと死ぬのを望んでいたとだけ語った。

メサックは裁判までの間、刑務所に収容されていたが、シャワーに入るのを拒絶した。

その為、メサックは体臭がきつくなり、他の受刑者からクレームがくるほどであった。

また、メサックは自身の名前はダマスではなく「COG」、つまり神の子であると主張した。


2010年8月、ダマスは髪を伸ばし、髭も剃らずに生やしたまま法廷に現れ、それはまるで野生児そのものの姿であった。

そして、出廷するなり大声で歌い始め、裁判官や弁護士が注意を促すが、ダマスは止めなかった。

その為、一時、休廷する騒ぎとなった。

次回の裁判は2013年8月26日に予定されたが、これは変更される可能性があった。

ダマスは6人の殺害で有罪判決が下された場合、終身刑か死刑が下される事となる。


2015年8月28日、ダマスは裁判に出廷するが、ダマスを診た医師が、ダマスには脳障害があると述べた。


2017年9月5日、ダマスは6件の殺人事件全てに対し有罪判決が下され、同年10月27日、死刑が言い渡された。


最後に家族殺害を問われた際、その動機について語ったメサックの言葉で終わりたいと思います。

「神だけが理由を知っている」



∽ 総評 ∽

妻や子供全員を殺害したメサック。

メサックを診察た医師は、メサックが脳障害を負っていると言っているので間違いないと思うが、いつ負ったのか詳しくわからない。

メサックは結婚生活を10年も続けているので、多分、メサックは元々良い夫で良い父親であったと思われる。

その為、最初から脳に障害があったとは思えず、恐らく犯行に及ぶ少し前に脳に何らかの外部的ダメージか純粋な病気 (脳腫瘍など) で脳にダメージを負ったのだろう。

そうでもないとこんな突発的な異常行為の説明がつかない。

ただ、少し気になるのは、メサックが家族だけを殺害している所だ。

脳障害であるならば、誰かれ構わず殺害しそうなものだが、メサックはご丁寧に家族だけを殺している。

個人的に脳障害だけというのは何となく腑に落ちない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★★☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・殺人数 6人

《犯行期間:2009年9月17日》