image















ロバート・スモールウッド (アメリカ)
【1974 ~ 】



1999年4月、アメリカ・ケンタッキー州レキシントンで、エリカ・C・バトラー (33歳♀) が殺害される。

バトラーは自宅のアパートで鈍器で殴られた事により殺されていた。


同年12月22日、同じくレキシントンでドリス・アン・ロバーツ (48歳♀) の死体が自室のアパートで発見される。

ロバーツは首を絞められた事による窒息死であった。


2002年8月15日、同じくレキシントンでソノーラ・リン・アレン (29歳♀) が殺害される。

アレンの死因も絞殺であり、死体は駐車場に遺棄されていた。

アレンは6人の子供の母親であった。


2006年10月、一連のレキシントンでの殺人事件の犯人が判明する。

名前をロバート・フランクリン・スモールウッドというすでに刑務所に収監されている囚人であった。

警察は3件の殺人、2件の強姦、1件の強盗の容疑で逮捕状を得た時、すでにスモールウッドが刑務所に収容されている事が判明する。

スモールウッドは薬物の罪で逮捕され、同年6月からラ・グレーンジ刑務所に収監されていた。

スモールウッドは殺人で再び裁判にかけられる事となった。


裁判ではスモールウッドの余罪が明らかになった。

スモールウッドは3人の殺害以外にも1993年に元学校教師ヴィオラ・グリーン (83歳♀) の家に押し入り、強姦していた事が判明する。

グリーンは高齢という事と、事件のショックにより後に病気で死亡した。

1998年にはレキシントンで女性を強姦し、肛門姦も行い逮捕されていた。

この事件は裁判にかけられたが陪審によって無罪とされ、釈放されていた。

また、警察はスモールウッドをレキシントン周辺における数々の未解決事件の有力な犯人とした。

スモールウッドは無罪を主張したが、3件の殺人事件とグリーン強姦事件の現場に残された精液のDNAサンプルがスモールウッドと一致した。

スモールウッドは仮釈放の可能性がない終身刑が言い渡された。

スモールウッドはレキシントンにおける初めてのシリアルキラーとされ、レキンシントン史上最も凶悪な犯人とされている。



∽ 総評 ∽

別件で逮捕され、刑務所にいる時に3件の殺人が発覚したスモールウッド。

スモールウッドの幼少の詳細がわからない為、このような事件を起こした理由がわからないが、恐らく荒んだ家庭環境であったと想像出来る。

スモールウッドのように別件で逮捕され、刑期を過ごしている時に余罪が発覚する事はアメリカでは多々ある。

もちろん、それほどでもない罪で服役していればすぐに外に出れるので、あえて他の犯罪を公言するわけないが、被害者からすればこれほど辛い事はないだろう。

スモールウッドはレキシントン初のシリアルキラーと言われ、レキンシントン史上最も凶悪な事件とされている。

世界の連続殺人の約70%を占めると言われるアメリカでは、このような殺人鬼はこれまで掲載してきた通り珍しくないが、そんなアメリカでも犯罪と無縁な平穏な地域というのは沢山ある。

このレキンシントンも比較的そうであり、そんな場所で行ったスモールウッドの犯行は住民を恐怖に陥れるのに十分であった。

スモールウッドは高齢の女性を強姦したが、シリアルキラーには意外に多い。

特に黒人には多いような気がするのは私だけだろうか。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★★☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 3人
(他犯罪多数)
《犯行期間:1999年~2006年》