image















チェスター・ターナー (アメリカ)
【1966 ~ 】



チェスター・デュエイン・ターナーは、1966年11月5日、アメリカ・アーカンソー州ウォーレンで生まれた。


ターナー5歳の時、両親は離婚し、ターナーは母親に引き取られ、カリフォルニア州ロサンゼルスへ引っ越した。


ターナーはロサンゼルスの公立学校に通ったが、高校を中退した。

その後、ターナーは『ドミノ・ピザ』のコック及び配達人として働き始めた。

ターナーの母親は後にユタ州へ引っ越すのだが、それまで一緒に生活した。

その後、ターナーは役目としていくつかのホームレスシェルターを訪れている。


1987年3月、ダイアン・ジョンスン (21歳♀) が、ハーバー・フリーウェイの車道建設現場で死体で発見される。

ジョンスンの死因は絞殺で、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


同年10月、アネット・アーネスト (26歳♀) が死体で発見される。

アーネストも死因は絞殺で、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


1989年1月、アニータ・フィシュマン (31歳♀) が、フィゲロア通りから離れた路地のガレージの外で、死体で発見される。

フィシュマンも死因は絞殺で、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


同年9月、レジーナ・ワシントン (27歳♀) がフィゲロア通りから離れたガレージで死体で発見される。

ワシントンも全裸で死体が損壊しており、首を絞められた事による窒息で死亡した。

ワシントンは殺害された時、妊娠6ヶ月であり、母親の死により胎児も死亡した。


1993年4月、アンドレア・トリプレット (29歳♀) がフィゲロア通りに面した空きビルの中で死体で発見された。

トリプレットは首を絞められた事による窒息死であり、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


同年5月、デザーエ・ジョーンズ (29歳♀) が死体で発見される。

ジョーンズは空き家で見つかり、死因は絞殺であった。


1995年2月、ナタリー・プライス (31歳♀) が死体で発見される。

プライスも空き家で見つかり、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


1996年11月、ミルドレッド・ビーズリー (45歳♀) が、茂みの中で死体で発見される。

ビーズリーの死因は絞殺であり、死体は全裸で損壊し、部分的であり五体満足でなかった。


1998年2月、ポーラ・ヴァンス (24歳♀) が、カリフォルニア州アズサのオリンピア・ツールのビジネス街で死体で発見される。


同年4月、ブレンダ・ブリーチーズ (39歳♀) が、ロサンゼルスのダウンタウン街リトル・トーキョーの近くのトイレで死体で発見される。

ブリーチーズの死因は窒息死であった。


ターナーは1995年から2002年の間に、動物虐待や警官への暴行等により7回も逮捕されていた。


2002年3月、ターナーは47歳の女性を2時間に渡って強姦し、もし、警察に通報したら殺すと脅して女性を解放した。

その後、逮捕されたターナーは裁判で有罪判決が下され、懲役8年が言い渡された。

ターナーはDNAサンプルを提供する事となった。


2003年9月、ターナーから提供されたDNAのサンプルが、ヴァンスとビーズリーの死体から発見された精液のDNAと一致する。

その後、ロサンゼルスで発生していた未解決事件11件の内、9件がターナーのによるものと断定された。

更に、デビッド・アレン・ジョーンズという男性が3人の女性殺害で逮捕されていたのだが、ジョーンズは無罪を主張していた。

1992年9月に首を絞められて殺害されたのはタミー・クリスマス (♀) 、同年11月に小学校のボイラー室に繋がる階段で発見されたデブラ・ウィリアムズ (32歳♀) 、同年12月に同じ小学校のカーポートで発見されたメアリー・エドワーズ (42歳♀) もターナーによる犯行だと断定された。

これによりジョーンズは11年務めた刑務所を2004年3月に釈放となり、72万ドル (約8000万円) が支払われた。


2007年7月10日、ターナーには死刑が言い渡された。


2014年6月19日、ターナーは更に4つの殺人で有罪判決となり、死刑が言い渡された。



∽ 総評 ∽

『Southside Slayer (サウスサイドの殺人者) 』と呼ばれ、最低でも13人の女性を殺害したターナー。

ターナーは20代から30代の女性を標的とし (40代の女性も2人殺害しているが) 、強姦して殺害したが、カニバリズムやネクロフィリアは行わなかった。

死体を解体し、全裸にして遺棄するという典型的なシリアルキラーであった。

ターナーがこれほど異常になった理由がよくわからないが、5歳の時の両親の離婚が幼いターナーの心を傷つけたように思える。

ターナーは高校を中退しており、この時点で完全に人生をドロップアウトしたのだろう。

ターナーはロサンゼルスで犯行に及んだが、ロサンゼルスにおける悪名高き殺人鬼と言えば、1977年から1979年の間に12人の女性を殺害した『ヒルサイド・ストラングラー』ことケネス・ビアンキ&アンジェロ・ブオーノや、1984年から1985年の間に13人を殺害した『ナイト・ストーカー』ことリチャード・ラミレス、1979年に女性を凄惨な拷問の末5人殺害し、その様子が法廷に流れるや退廷者が続出したローレンス・ビッテイカー&ロイ・ノリス等がいる。

このターナーも歴代殺人鬼達に勝るとも劣らず、その長きに渡る犯行と殺害数等から『ロサンゼルス史上最悪の連続殺人犯の1人』とされている。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ★★★★★★★★☆☆
・異常性 ★★★★★★★★☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・殺人数 13人
(他胎児1人)
《犯行期間:1987年3月~1998年2月》