image



















林 國偉 (リン・グゥォウェイ 香港)
【1971 ~ 】



林國偉は1971年1月27日、香港で生まれた。

林には5人の兄弟がおり、母親は林が3歳の時に蒸発した。

父親は酒を飲む度に暴力を振るい、その為、林は偏屈な性格となってしまう。


林は成長すると小動物を虐待するようになり、学校では友達が1人もいなかった。

林は学校を中途退学し、その後、アルコールとドラッグに溺れるようになる。


1992年4月24日午前3時頃、林は酒を飲んで車を運転していた。

すると、林の車の横を1台のタクシーが通り過ぎる。

タクシーには長い髪が肩にかかる美しい女性 (19歳) が乗っていたのが見えた。

その女性は林の元彼女に非常に似ていた。

林はすぐにタクシーを追いかけた。

女性はとあるビルの前でタクシーを降り、ビルに入るとホールでエレベーターを待っていた。

林は車を降りると薄暗い物陰に隠れた。

そして、女性がエレベーターに乗ろうとする所を林は女性に飛び掛かり、力一杯首を絞めた。

その後、エレベーターから女性を引き摺り出すと、階段まで連れて行き、強姦した。

最後は女性からハンドバッグを奪って逃走した。


同年6月26日午前4時半頃、ナイトクラブで働く女性 (32歳) は仕事を終えた後、タクシーに乗って家路に着いた。

しかし、屯門でタクシーを降りた直後、林が女性に襲い掛かり強姦した。


同年8月、林は39歳の女性を襲い、草むらに引きずり込むと、首を絞めつけ強姦した。

被害に遭った女性3人は直ちに警察に被害届を出し、警察も捜査に乗り出す。

被害者から林の精液を入手するが、肝心の犯人の顔を被害者女性たちははっきりと覚えていなく、警察はそれ以上捜査を進める事が出来なかった。


同年12月4日、少女が深夜に帰宅した直後、背後から首を絞められ気絶する。

そして、強姦され金品を奪われた。

翌日、少女は親友を連れ警察に通報した。


同年12月28日、とある夫婦がカラオケに行った後、女性は夫と別れ1人帰路に着いた。

しかし、帰る途中、林に襲われ強姦された。


1993年2月24日午前4時頃、専業主婦の女性 (50歳♀) が帰って来た所、林が襲い掛かる。

林は女性の首を絞め、梯子の下まで引きずった。

しかし、あまりに強く力を入れ過ぎた為、女性は死んでしまう。

だが林は死んだ女性を死姦し、女性の体に射精する。

その後、女性のハンドバッグを盗んで逃走した。


同年4月14日、林は女性 (22歳) を強姦する。

その後、女性から金品を強奪して逃走した。


同年5月24日午前4時頃、劉小敏 (リィゥ・シァォミン) がカラオケから帰る所を林に襲われた。

林は劉を平手打ちし、首を絞めて強姦した。

劉は首を絞められそのまま殺害された。


同年8月5日、林は21歳の女性を見ると気に入った為、襲って強姦した。

女性は翌日、兄と共に警察に行って被害届を出した。


女性が警察に向かったその日の夜、林は映画を観る約束を女性とし、映画館に向かった所、逮捕された。

逮捕された林にはDNA鑑定が行われ、約1年4ヶ月の間行われた一連の強姦事件の犯人だと断定された。

結局、林による被害者は全部で9人で、その内3人が殺害された。


1994年9月、裁判が開かれ、林は8件の強姦、7件の強盗は認めたものの、3件の殺人については否定した。

林は

「自分の意思とは異なり手が勝手に殺した」

と供述し、自身は殺すつもりはなかったと強調し、自分の手が意思とは別に勝手にやったと述べた。

林の弁護側は林の家庭環境や精神状態を理由に情状酌量を求めた。

しかし、林には結局、終身刑が言い渡された。


余談だがこの林の事件は1994年に『屯門色魔』として映画化されている。

この林の事件は『香港で起きた衝撃的な事件』というアンケートで歴代3位となっている。



∽ 総評 ∽

『屯門色魔 (屯門の強姦魔) 』と呼ばれ、数多くの女性を強姦し、3人殺害した林。

林は生粋の強姦魔であり、そのやり方は不意を襲うという卑劣なものであった。

香港の事件といえば、以前紹介した『雨夜屠夫』こと林過雲や、『ハローキティ殺人事件』等が有名だが、この林の事件もそれらに匹敵する異常さであった。

林は連続殺人犯としては林過雲と並び、香港では知らぬ者がいないほどその異常な犯行が世間を轟かせた。

林は自身は殺す気はなく、手がかってにやったと述べたが、こんな言い訳が通るはずもない。

はっきり言って往生際が悪いとしか言えず、これだけの事をやっておいて情けないとしか言い様がない。

ただ、林がこれほどの異常性を帯びたのは、父親の虐待が原因と思われ、その点だけは同情出来る (かと言ってやった事は許される事ではない) 。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★☆☆☆
・残虐度 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 3人
(強姦多数)
《犯行期間:1992年4月24日~1993年8月5日》