image














ジャック・スピルマン (アメリカ)
【1969 ~ 】



ジャック・オーウェン・スピルマン三世は、1969年8月30日、アメリカ・ワシントン州スポケーンで生まれた。


スピルマンは若い頃から常習的な犯罪者で、強盗や強姦で何度も刑務所に収監されていた。

スピルマンは刑務所に収監されていた際、同房者の囚人に

「俺は世界で最も偉大な連続殺人犯になる」

と話していた。


1994年、スピルマンはワシントン州出身のリタ・ハフマン (48歳♀) とその娘マンディー (15歳) を殺害する。

スピルマンはハフマン親子を強姦し、死体をバラバラに切断した。


1995年4月、スピルマンはワシントン州ダグラス郡でペニー・デイビス (9歳♀) を強姦し、殺害する。

その後、デイビスの死体をバラバラにして捨てた。


警察はダグラス郡で発生した連続殺人事件の捜査を進めると、犠牲者の家の近くの駐車場で黒いピックアップ・トラックが停車していたという目撃情報を入手する。

車の持ち主を調べると、スピルマンのものと断定された。

そして、スピルマンがとある駐車場にいた所をワシントン州東ワナッチーの警官が発見する。

警官がスピルマンの車内を調べた所、刃渡り12インチ (約30cm) のナイフを見つけ、ナイフは刃には大量の血液が付着していた。

血痕はハフマン親子のものと判明し、スピルマンは逮捕された。

逮捕されたスピルマンは、デイビス殺害を認めた。


1996年4月30日、裁判でスピルマンには仮釈放の可能性がない終身刑が言い渡された。



∽ 総評 ∽

『The Werewolf Butcher (狼男屠殺者) 』と呼ばれ、主に少女を殺害したスピルマン。

スピルマンは偉大な連続殺人になる事を目標として殺人を行ったが、その犯行動機は身勝手で呆れてしまう。

スピルマンの成長過程や家庭環境の詳細がない為、どのような生活を送ってきたのかはわからないが、若い頃から生粋の犯罪者という事を考えればだいたい想像がつくだろう。

スペルマンは世界で最も偉大な殺人鬼を目指したが、歴代のシリアルキラーには足下にも及ばない中途半端で惨めな出来に仕上がっており、同情の余地は微塵もない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 3人

《犯行期間:1994年、1995年4月》