image

















ゲイリー・ボウルズ (アメリカ)
【 1962 ~ 2019 】



ゲイリー・レイ・ボウルズは、1962年1月25日、アメリカ・バージニア州クリフトン・フォージで生まれた。

その後、ボウルズはウェスト・バージニア州ルパートで育った。

ボウルズの父フランクは炭鉱夫として働いていたが、ボウルズが若い時に亡くなった。

フランクは6ヶ月前に肺疾患を患っていた (恐らく炭鉱による粉塵等が原因だったと思われる) 。


母フランセスは、フランクの死後、数回再婚したのだが、2人目の継父はアルコール中毒者であり、狂暴な性格であった。

酒を飲んで酔っては日常的にフランセスやボウルズ、ボウルズの兄に暴力を振るい虐待した。


ボウルズ13歳の時、虐待に耐え兼ねたボウルズが継父に反撃を行い、継父は負傷した。

しかし、このボウルズの行いに母フランセスが怒り、ボウルズは家を出た。

ボウルズは家もなく、ホームレスとして生活を始め、お金を稼ぐ為に男娼として売春も行った。


1982年、ボウルズは当時付き合っていたガールフレンドを強姦して逮捕される。

ボウルズには懲役6年が言い渡された。


1991年、刑務所から出所したボウルズは、今度は初老の女性を襲い、財布を奪い逮捕された。

裁判でボウルズは武器を使用しない強盗で有罪判決が下され、懲役4年が言い渡された。


ボウルズは2年の刑期を終え、釈放された。


1994年4月14日、ボウルズはフロリダ州デイトナビーチで、ジョン・ハーディ・ロバーツ (59歳♂) を殺害する。

ボウルズはロバーツを散々殴り、首を絞めて殺害し、その後、クレジットカードを盗んだ。

警察は捜査を始めるが、ロバーツ殺害現場に残された指紋がボウルズのものであるとわかり、また、ボウルズの過去を調べると、数々の犯罪と執行猶予中の身である事がわかった。

その為、警察はボウルズを容疑者とするが、決定的な証拠がなかった為、逮捕する事が出来なかった。

その後、ボウルズはフロリダ州ナッソー郡、フロリダ州ジャクソンビル、ジョージア州サバンナ、ジョージア州アトランタ、メリーランド州ウィートンで同様の犯罪を行う。

ボウルズによる犠牲者はデイビッド・ジャーマン (38歳♂) 、ミルトン・ブラッドリー (72歳♂) 、アルバーソン・カーター (47歳♂) 、アルバート・モリス (38歳♂) 、ウォルター・ヒントン (47歳♂) であった。

ボウルズの犯行手口は、犠牲者を殴り、その後絞殺してクレジットカードを奪うというものだった。

また、ボルドーは殺害する前に犠牲者に売春を強要した。

この各州での犯行により、ボウルズはFBIに『最重要指名手配逃亡者10人 (Most Wanted) 』の1人に指定された。


同年10月22日、ボウルズは逮捕された。

逮捕されたボウルズは、これまで6人の殺害を自白した。

しかし、FBIはボウルズが犯行を行った場所で発生した他の強盗殺人事件もボウルズの犯行だと見ていた (FBIはボウルズが少なくとも25人殺害に関与していると考えていた) 。


裁判でボウルズは3件の殺人で有罪判決が下され、1996年9月6日、ボウルズには死刑が言い渡された。


だが、判決の翌日、ボウルズへの死刑は翻ったが、1999年に再び死刑が言い渡された。


2019年8月22日、フロリダ州の刑務所で致死量の注射による死刑が執行された。

享年57歳。

ボウルズのスペシャル・ミール (特別な食事) は、3つのチーズバーガー、フライドポテト、ベーコンであった。



∽ 総評 ∽

強盗目的で全米各州で最低6人以上は殺害したボウルズ。

FBIは他にボウルズが25人以上の殺害に関与していると見ているが、本当の所はわからない。

ただ、ボウルズは全米各州を渡り歩いているので、25人というのもあながち大袈裟ではないだろう。

ボウルズが異常になったのは、継父による虐待が原因だと思われるが、何度も父親がかわったのも要因と言えるだろう。

ボウルズは継父の虐待に耐え兼ね、反撃を行い負傷させた。

継父からしてみれば自業自得であり、子供が虐待親にほとんど反撃等しない事を考えればよくやったと言いたい所だが、そんなボウルズに母親は激怒した。

ボウルズからしてみれば、これほどショックな事はなかったであろう。

この事でボウルズの人生は決まったと言える。

ボウルズは全米を渡る歩き、各州で犯罪を行ったが、今まで何人も掲載してきた通り、アメリカではこういったシリアルキラーは多い。

ボウルズは死刑判決を言い渡された翌日に判決が翻ったが、再び死刑が言い渡された。

結局、執行されたので良かったが、どれだけ遺族の気持ちを弄べば気が済むのだろうか。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 6人
(25人以上の可能性)
《犯行期間:1994年4月14日~同年11月》