image


















ダレン・バウンズ (アメリカ)
【1971 ~ 1999】



ダレン・フォレスト・バウンズは、1971年8月9日、アメリカ・オレゴン州アッシュランドで生まれた。

父親をダレン・テリー、母親をシャロン・リーといった。


1999年6月26日、サウスカロライナ州グリーンヴィルにあるラジオシャック (アメリカの家電量販店) の従業員ジョナサン・レミュエル・ララ (♂) が、店の奥の部屋で椅子に繋がれた状態で殺害される。

ララはネジ回しで首を刺された事で死亡していた。


同年12月22日、バウンズは昼間に繁華街の小さな花屋に侵入すると、従業員カレン・ムーア・ヘイデン (30歳♀) の喉を切って殺害する。

そして、バウンズはヘイデンの死体を店の貯蔵室に運んだ。

貯蔵室の床はヘイデンの血で一面に染まった。

ヘイデンの死体は店の配達人によって発見されたのだが、ヘイデンは結婚しており、生まれたばかりの子供がいた。


翌日の23日、バウンズはサウスカロライナ州イースレイで、サンディ・ロバーツ・オットとその妻ティモシーを殺害する。

実はオット夫妻とバウンズには面識があった。

しかし、事件直後、近隣住民が警察に通報し、バウンズはすぐに逃走した。

だが、逃げ切れないと悟ったバウンズは数マイル離れた所で女性2人を人質に取った。

その後、観念したバウンズは、銃で自らの頭を撃って自殺した。

人質に取られていた女性2人は無事であった。

バウンズ死亡により事件は全て終わったが、ワシントン州当局は、バウンズが他のいくつかの殺人事件に関与しているとみていた。


余談だが、実はララ殺害時、バウンズにはカサンドラ・ラスター (♀) という共犯者がおり、ラスターは2001年に裁判で懲役15年が言い渡されている。



∽ 総評 ∽

強盗目的 (?) で4人殺害したバウンズ。

バウンズは他にも未解決の殺人事件に関与しているとみられていた。

バウンズがこれほどの犯行を行った理由がよくかわからない。

バウンズの幼少の様子がわからないので、何とも言えないが、両親の名前が伝わっている事からそれなりに普通の生活だったのではないかと思われる。

また、強盗目的かどうかいまいちわからないのは、物を盗った形跡がないからだ。

ただ、その割に何故か店舗を襲撃している (全部が全部ではないが) 。

また、オット夫妻に至ってはバウンズと面識があったので、そこが強盗目的と断言出来ない要素となっている (ただし、オットの家が実は金持ちであり、それを知っていた為、襲撃した可能性はあるが) 。

バウンズはただの快楽殺人鬼なだけかもしれないが、最後自殺している所や (スプリー・キラーやマス・マーダラーは別だが、通常、シリアルキラーは逮捕時に自殺はあまりしない) 、期間が半年足らずだった事を考えると、個人的には何か不思議な感じがするシリアルキラーである。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・特異性 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・殺人数 4人以上

《犯行期間:1999年6月26日~同年12月23日》