image




















ロバート・シュルマン (アメリカ)
【1954 ~ 2006】



アメリカ・ニューヨーク州サフォーク郡及びウェストチェスター郡で相次いで殺人が発生する。


1991年8月、ローリ・バスケス (24歳♀) が殺害される。


1992年6月、ジェーン・ドゥ (身元不明の女性) の死体が、ニューヨーク州ヨンカーズで投げ捨てられていた。


1994年12月7日、同じくジェーン・ドゥの死体がメドフォードで発見される。

彼女は全身を鈍器殴られており、手足を切断されていた。


1995年4月6日、リサ・アン・ワーナー (18歳♀) が、ニューヨークのブルックリン地区で死体で発見される。

ワーナーも鈍器で殴られており、同じく手足が切断されていた。


1996年、売春婦のケリー・スー・バンティング (28歳♀) が、寝袋に包まれ死体で発見される。

バンティングも手足を切断されていた。

この頃、警察は一連の殺人を同一人物によるものと見て捜査を進めていた。

そして、捜査を進めると、それぞれの殺人現場で青いキャデラックを目撃した人が多数いた事がわかった。

その青いキャデラックを調べると、ロバート・イェール・シュルマン (1954年3月28日生まれ) という男性の兄弟のものだと判明する。

警察が事情を聞くと、車は現在シュルマンが使用している事がわかった。

この時点で警察は犯人はシュルマンで間違いないと判断し、キャデラックの中とシュルマンの職場を捜索する (この時、シュルマンは郵便局員であった) 。

すると、車内と職場で血痕が見つかり、それを調べると犠牲者のものだと判明した。


同年4月6日、シュルマンは逮捕された。

尋問を受けたシュルマンは、5件の殺人の内、3つまでを白状した。

この時は他2件を否認していたが、後日、結局全ての殺人を認めた。


裁判が開かれ、1999年、シュルマンには死刑が言い渡された。

だが、ニューヨーク州では1995年に死刑が復活していたのだが、シュルマンが殺人を行っていた時はまだニューヨーク州では死刑が復活していなかったという事もあり、2004年に終身刑に変更となった。


2006年4月13日、シュルマンは刑務所内で死去する。

享年52歳。

死因については明かされていない。



∽ 総評 ∽

女性を5人殺害したシュルマン。

シュルマンが珍しいのは、女性を殺害し手足を切断する残忍ぶりを示しはしたものの、強姦はしていない。

男性のシリアルキラーの場合、殺人と強姦はほとんどセットで行われ、何人も殺しておいて一切強姦をしないというのは非常に珍しい (他にはデヴィッド・バーコウイッツやパトリック・マッケイ等がいる) 。

シュルマンは1回1回の殺人の間隔が比較的空いており、もっと殺害している可能性は高い。

シュルマンの幼少や生きてきた詳細がわからないので、何故、このような異常者になったのかよくわからない。

ただ、一旦死刑が言い渡されておきながら、ニューヨーク州で死刑が復活していなかった事を理由に終身刑に変更された。

こんな事、犠牲者や遺族が納得いくはずもなく、こういう理解出来ない法律は何とかならないものだろうか。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★★★☆☆☆
・殺人数 5人

《犯行期間:1991年8月~1996年》