image









ウルフ・オルソン (スウェーデン)
【1951 ~ 2010】



1989年3月20日夜、ヘレン・ニルソン (10歳♀) が誘拐される。


ニルソンの死体は6日後の26日に発見された。

ニルソンの検死を行うと、ニルソンは20日に誘拐された後、数日間生きていた事がわかり、しかも何度も強姦されている事もわかった。

警察はすぐに大規模な捜査を開始するが、犯人の特定には至らなかった。


同年8月4日、ヤニツァ・エークグラード (26歳♀) が死体で発見される。

エークグラードはマルメー (スウェーデンの街) の売春婦だった。

警察は捜査を進めるとエークグラードが最後に会っていたのがオルソンだという情報を掴んだ。

エークグラードは売春婦友達に電話しており、名前こそオルソンとは出なかったものの、友人には最後に会った男性がオルソンだとわかった。

また、エークグラードにヘロインを提供した男性はエークグラードが男性について悩んでおり、その男性と一緒にいなくなったのを確認したが、それがエークグラードの最後の姿となった。

オルソンはエークグラード殺害の容疑者として逮捕されるが、物的な証拠がなかった為、釈放された。


オルソンが犯人の可能性があると思われるのは、13年後の2002年になってからだった。

オルソンは警察がマークした29人の内の1人に入り、2004年に警察はオルソンに任意でDNAのサンプルを取った。

試験結果はニルソンの死体から検出されたものとほぼ一致する (エラーの確率は4300万分の1) 。

また、エークグラードとの物的証拠は発見されていなかったが、同年、オルソンが所有していた車のキャビンからエークグラードの血が大量に発見された。

警察はニルソンとエークグラードには共通している事が多々見られる事がわかった。

2人の死体が発見された場所や、2人共死因は絞殺であり、また、犬の毛が大量に付着していたのだが、その犬の毛は一致した。


同年6月23日、オルソンは2件の殺人で逮捕された。


裁判でニルソンの膣内に残された精液がオルソンのものと断定された事が決定的となり、有罪判決が言い渡され、2005年4月、オルソンには終身刑が言い渡された。

終身刑宣告後、オルソンは精神病院に収容された。


2010年1月10日午前5時、オルソンはブログ上に

「私の為の最高な事は、終身刑として居続ける事よりも死ぬ事です」

と述べ、その直後首を吊って自殺した。

享年58歳であった。



∽ 総評 ∽

少女と女性を強姦して殺害したオルソン。

オルソンは1度逮捕されたが、物的証拠がないといして釈放されてしまった。

再度、オルソンに容疑がかかって逮捕されたのは13年後であり、DNA鑑定の進歩によるものだった。

強姦殺人の場合、証拠が被害者に残る為、現在の科学か進歩した時代にはまず逃れる事は出来ない。

オルソンは逮捕後、終身刑となったが自ら命を経った。

被害者や遺族からしてみれば、終身刑でだらだら生きられるより、さっさと死んでくれて良かったと思うだろう。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・殺人数 2人

《犯行期間:1989年3月20日、同年8月4日》