image

















サンテ・カイムズ (アメリカ)
【1934 ~ 2014】



旧名サンドラ・ルイーズ・シングフルズは、1934年7月24日、アメリカ・オクラホマ州オクラホマシティで、東インド人の父と母の間に生まれた。

サンテの両親は元々オランダに住んでおり、アメリカに移住して来たのだった。

サンテの父は労働者で、母は売春婦であった。


サンテ3歳の時、両親は離婚し、サンテは母親に引き取られる。

離婚した事で一家は極貧生活を余儀なくされ、サンテの母親は3人の子供 (サンテは末っ子) を売春で稼いだお金で養育した。

サンテは母親が仕事している間、道で野放しにされた。

サンテは極貧な生活を送っていた為、必然と窃盗や強盗を働くようになる。


1947年、サンテ13歳の時、養女として裕福な家に引き取られ、何不自由ない生活を送る。

だが、この貧しい生活から一転、裕福な生活を送った事で、サンテはお金に対する執着が異常に強くなってしまう。


サンテはネバダ州カーソンシティの高校に通い、1952年、18歳の時に結婚する。

しかし、結婚生活はわずか3ヶ月で破綻した。


1956年、高校時代の同級生エドワード・ウォーカーと出会い、結婚する。

その後、サンテは息子ケントを出産する。


1961年、サンテは窃盗を働き逮捕され、すぐに釈放されるが、1971年にウォーカーと離婚する。

その後、サンテはケニス・カイムズ (57歳) と出会い、結婚する。

ケニスは全米で不動産会社を経営する資産は20億円以上という大富豪であった。

サンテとの年の差は22歳であり、ケニスは妻と離婚したばかりでその隙をサンテはついたのだった。


1975年、サンテは息子ケニス (父と同じ名前) を生んだ。

また、サンテはケニスの遺産を磐石にする為、ケニスの前の妻との間に出来た2人の子供がケニスの遺産を狙っていると嘘を吹聴し、ケニスに子供たちと絶縁させた。

サンテは若い頃から高価な毛皮を身に纏い、華美に過ごす事を好んだ。

サンテは言葉巧みに相手を信用させ騙してお金を巻き上げたり、偽造や窃盗、また、自ら放火して保険金を騙し取る保険金詐欺等、ありとあらゆるお金に関する犯罪を繰り返し、お金を騙し取った。

また、サンテは不法入国者のホームレスに住宅や仕事を提供し、仕事で稼いだお金を巻き上げた。

ホームレス達から苦情が上がると、当局に届けるぞと脅し、囚人のように管理下に置いた。


だが、そんな悪行もついに露呈してしまい、1985年8月に逮捕された。

裁判でサンテには懲役5年が言い渡された。


1989年、サンテは刑務所から出所する。


1994年、夫のケニスが死亡する。

念願の夫の死で莫大な遺産を手にするかと思いきや、この時には会社の業績不振で遺産はほとんど残ってなかった。

サンテは息子ケニスにあらゆる犯罪を教え込んだ。

それは自分が得意として文書偽造や窃盗、犯罪がバレた時の対処法など、その内容は多岐に及んだ。


1990年代、サンテはデイヴィッド・カズディン (♂) にラスベガスの家を貸した。


数年後、サンテは担保として28万ドル (約3000万円) の貸付への申し込みに関するサインをカズディンにさせる為、言葉巧みに騙してサインさせる。

しかし、カズディンは偽造を見つけ、カズディンはそれを通報するとサンテに告げた。

サンテは息子のケニスにカズディンを殺すよう命令し、ケニスはカズディンの後頭部を撃って殺害した。

カズディンの死体は1998年3月に、ロサンゼルス空港の近くの大型ゴミ収納器で見つかった。


1998年6月、サンテは名士アイリーン・シルヴァーマン (82歳♀) に接近し、彼女の資産を手に入れようと計画する。

シルヴァーマンはマンハッタンに推定770万ドル (約10億円) のマンションを所持しており、それに目を付けたのだった。

サンテはまずシルヴァーマンが所有するマンションにケニスに偽名を名乗らせ入居申請する。

シルヴァーマンはケニスと契約書を交わし、シルヴァーマンの直筆サインを手に入れる。

その筆跡を真似てシルヴァーマンの財産管理の書類を偽造し、シルヴァーマンの財産を密かにサンテの名前に名義変更した。

そして、シルヴァーマンに犯行がバレる前にケニスにシルヴァーマンを殺害させた。


だが、シルヴァーマン殺害から数時間後、警察が突入し、サンテとケニスは逮捕された。

サンテは容疑を否認するが、同時に逮捕した息子のケニスが罪を認めた。

しかし、サンテは『殺人計画ノート』を所持し、そこには殺害予定の金持ちの名前が列挙されており、その中にシルヴァーマンの名前もあった。

その為、サンテは言い逃れなど出来なかった。


裁判では息子のケニスが、母サンテがシルヴァーマンにスタンガンを向けた後、ケニスがシルヴァーマンを絞め殺し、死体をバッグに詰め込み、ニュージャージー州ホーボーケの大型ゴミ収納器の中に入れたと供述した。

また、ケニスは1996年、バハマでサンテに言われて銀行家サイード・ビラル・アフマドを殺害していた事も認めた。

ケニスはサンテと一緒にアフマドに薬物を投与し、浴槽の水に溺れさせ、海に死体を放り投げたと告げた。

サンテは強盗、重窃盗罪、違法な武器所持、偽造に盗聴など、その罪状は117件にも及んだ。

裁判官はサンテに対し、
「実の息子を最大限に利用し、そんな息子をカモだと告げた。社会病質者 (ソシオパス) であり変質者」
と痛烈に非難した。


2000年6月27日、サンテには懲役125年が言い渡された。


2001年3月、サンテはカズディン殺害の罪でカリフォルニア州ロサンゼルスに身柄を引き渡された。


2004年、サンテはカリフォルニア州で終身刑が言い渡された。

息子ケニスにも同じく終身刑が言い渡された。


2014年5月19日、サンテは更生施設内にて病死する。

享年79歳であった。



∽ 総評 ∽

お金を目当てに数々の詐欺や犯罪を繰り返したサンテ。

アメリカのドラマ『クリミナル・マインド』では、発生した殺人事件や犯罪に対して登場人物が歴代の殺人鬼の名前をよく列挙する。

サンテも登場した事があり、その時の捜査官同士の会話は以下の通りだった。

「女のシリアルキラーの特徴は?」
「基本的に種類は2つ」
「サンテ・カイムズ型は冷酷で強欲。時間をかけて相手を殺す」

このようにサンテは女性シリアルキラーの2つのパターンの1つにされるほど、サンテの犯行は非情で残酷で有名であった。

保険金殺人は女性の殺人の常套手段ではあり、それほど珍しい事ではないが、このサンテのように数々の詐欺行為を駆使するのは非常に珍しい。

殺人の実行犯は息子のケニスだが、そもそもケニスに犯罪を仕込み、殺害の実行犯として命令したサンテは鬼畜というしかなく、実の息子に殺させるというのは異常極まりないだろう。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★★☆☆
・特異性 ★★★★★★★★☆☆
・殺人数 3人

《犯行期間:1996年~1998年》