image



















アルフレド・ガイノール (アメリカ)
【1967 ~ 】



アルフレド・J. ガイノールは、1967年、アメリカ・マサチューセッツ州スプリングフィールドで生まれた。

ガイノールは成長するにつれ薬物中毒者となり、最初は便利屋として働いたが、1990年代には雑用の仕事を経営した。


しかし、ガイノールは1995年からクラック・コカインの売買の話を持ち掛け、会った相手を強姦した後、絞め殺してその金を奪うという行為を繰り返すようになる。


1995年4月20日、ヴェラ・ハラムズ (45歳♀) をハラムズのアパートの部屋で強姦し、首を絞め窒息させ殺害する。


1996年7月11日、エイミー・スミス (20歳♀) をエイミーのアパートの部屋で強姦し、絞め殺した。

エイミーにはデスティニーという1歳と10ヶ月の娘がいたが、デスティニーは母親が死んで放置されてしまい、その後、飢餓と脱水で死亡してしまった。


1997年6月16日、ジル・アン・アルメリーニ (34歳♀) を強姦し、殺害。

アルメリーニの死体は捨てられたトラックの運転席で発見された。


同年10月25日、ロビン・アトキンス (29歳♀) を強姦し、首を絞め窒息させて殺害する。

アトキンスの死体はダウンタウンの路地で発見された。


同年11月1日、ジョアン・トーマス (38歳♀) をトーマスの自宅で強姦して殺害する。


同年11月15日、イベット・トレス (33歳♀) をトレスのアパートで強姦して殺害。

死体は部屋のバスルームのドアに押し付けられる形で発見された。


1998年2月2日、ロレッタ・ダニエルズ (38歳♀) を強姦の上、殺害。

ダニエルズの死体は路地に遺棄された。


同年2月11日、ローズマリー・ダウンズ (42歳♀) をダウンズの家で強姦して殺害する。


同年3月11日、ジョイス・ディカーソン (37歳♀) を強姦して殺害。

死体は潰れたレストランの脇で見つかった。


同年4月10日、ガイノールはトーマス殺害で逮捕される。

その後、ガイノールはダニエルズら8人の殺害を認めた。


同年4月30日、裁判中にガイノールは傍聴席に座っていた犠牲者の息子に突如叩かれ、背後から椅子で殴られ怪我を負った。

この息子はかなりの体格の持ち主で、他の傍聴人数人によって何とか抑えられた程であった。


2000年5月19日、裁判でガイノールには終身刑が言い渡された。


2005年、ガイノールは『Righteous Man Reward』というタイトルの絵を描き、2010年にネットで販売されている。



∽ 総評 ∽

比較的年配の女性ばかりを強姦して殺害したガイノール。

ガイノールは20歳から45歳までの女性を狙ったが、年齢にあまり統一性がなかった。

大体のシリアルキラーが若い女性なら若い女性、高齢の女性なら高齢の女性と一貫しているものだが、ガイノールはそれほどこだわりがなかった。

そもそもガイノールが薬物中毒者になった理由がわからない。

幼少時の様子がわからないので、そこに原因にあると思われる。

ガイノールはコカインの売買を持ち掛けてそれで釣った相手を殺害したが、物色方法としては警察の足もつきづらく、効率的と言える。

ただ、コカインを求める相手なので、殺害する方もされる方も録でもない人間と言え、罪もない人が殺されるより100倍ましかもしれない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 9人

《犯行期間:1995年4月20日~1998年3月11日》